ニュース
» 2023年05月16日 08時00分 公開

「商用ハッキングツールを利用したサイバー攻撃が今後増加する」英サイバーセキュリティセンターが警告「ハッカーがより幅広いターゲットを狙うようになる」

英国サイバーセキュリティセンターは、ハッキングによるサイバー攻撃についてまとめた報告書を発表した。今後5年間でサイバー攻撃の被害者が増加し、脅威の状況がより予測不可能になると警告している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

サイバー攻撃の世界的な脅威は増大する

 英国サイバーセキュリティセンター(NCSC:National Cyber Security Centre)は2023年4月19日(英国時間)、ハッキングによるサイバー攻撃についてまとめた報告書を発表した。

 報告書によると、スパイウェアやハッカーが多様なサイバー攻撃手段を取り入れる傾向が今後世界的に高まるという。これは商業用のハッキングツールが普及したことが主な要因で、スパイウェアやハッカーによって幅広い産業への脅威が増大することはほぼ間違いないと発表した。また、サイバー攻撃ツール/サービスの普及により、国家や非国家勢力が参入する障壁がすでに低くなっており、組織や個人が直面する脅威が変化していると警告している。

 報告書では、過去10年間で、80カ国以上がサイバー攻撃ソフトウェアを購入し、一部の国家はジャーナリストや人権活動家、政治的反体制派、反対派、そして外国政府関係者を標的にこのソフトウェアを使用したことがほぼ確実であることが強調されている。サイバー攻撃ツールやサービスが普及することで、より多くの国家や組織がこれまで利用できなかった能力や情報を手に入れてしまい、それが大きな脅威を与える可能性があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。