ニュース
» 2023年10月11日 08時00分 公開

IT人材と企業の副業に関する思惑は一致、ではトラブルは? レバテック調査副業の主な目的は「収入アップ」

レバテックは、副業をしているIT人材を対象に実施した調査の結果を発表した。1週間当たりの副業の作業時間は「5時間以上10時間未満」が最も多かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2023年10月3日、副業を行っているIT人材(500人)を対象に実施した調査の結果を発表した。

約6割が「収入アップのために副業をしている」と回答

 調査結果によると、副業案件の作業頻度は「週2〜3日」と回答した人の割合が最も高く、35.8%。次いで「週1日」(18.6%)、「毎日」(17.4%)が続いた。1週間当たりの作業時間は、「5時間以上10時間未満」(24.0%)、「1時間以上3時間未満」(22.2%)、「3時間以上5時間未満」(20.4%)の順。副業案件を獲得する手段を見ると、最も多いのが「知人経由」(44.0%)で、次点は「エージェント経由」(34.4%)だった。

画像 副業案件の頻度や作業時間(提供:レバテック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。