Pythonのパフォーマンスを向上する9つのヒント他の言語にも適用できるヒントも(1/2 ページ)

Pythonのパフォーマンスは、Javaなどの言語と比べて評価が低い。本稿では、Pythonコードの問題点を見つけて解決し、パフォーマンスを高めるヒントを紹介する。

» 2023年11月02日 08時00分 公開

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アプリケーションやWebサイトを最適化する出発点は、コードをしっかりと構築することだ。とはいえ、実際にはコードの90%、多くのスクリプトのほぼ100%ではパフォーマンスを懸念する必要はない。1回だけ実行されるETLスクリプトや夜間に実行されるETLスクリプトではスクリプトの実行にかかる時間が1秒であろうと1分であろうと問題にならない。

 だが、アプリケーションの実行が遅く、タスクが完了するまで時間がかかったり、Webページに結果が表示されるのに時間がかかったりして、ユーザーが待たなければないとしたらそれは問題だ。そうだとしても、その原因はコードベースのごく一部にある可能性が高い。

 パフォーマンスを最大限に高めるには、パフォーマンスが低下してから考えるのではなく、コーディングを始める前にパフォーマンスについて計画するのが一般的だ。とはいえ、アプリケーションの開発者がコードのパフォーマンスに対処できる方法はたくさんある。

 本稿で紹介する9つのヒントはPythonのパフォーマンスを具体的な対象とはしているが、他の言語にも当てはまるヒントもある。

  1. 適切なデータ型を選ぶ
  2. 標準の関数、メソッド、ライブラリを知る
  3. パフォーマンスを重視するライブラリを見つける
  4. さまざまな内包表記(Comprehension)を理解する
  5. ジェネレータ(Generator)関数、パターン、式を使う
  6. 大量データの処理方法を考える
  7. 問題のあるコードを特定するためにプロファイリングを実行する
  8. CPythonの代替策を検討する
  9. 有意義な改善点に注目する

1.適切なデータ型を選ぶ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。