ニュース
» 2023年11月21日 08時00分 公開

ランサムウェア攻撃の最大グループは? 「Akira」とは何者かウィズセキュア調査

ウィズセキュアは、ランサムウェアに関する調査結果を発表した。2023年第1〜第3四半期にランサムウェアグループからリークしたデータは2022年同期と比べて50%増加したという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ウィズセキュアは2023年11月16日、ランサムウェアに関する調査結果を発表した。同社のリサーチチームによる2023年第1〜第3四半期のランサムウェア攻撃の傾向をまとめたもので、ランサムウェアの急増と変化について注意を喚起している。

2022〜2023年のランサムウェア攻撃数の変化(提供:ウィズセキュア)

 攻撃グループが運営するリークサイトに掲載されたデータを基にしたウィズセキュアのランサムウェア調査によると、2023年第1〜第3四半期には多くの新規のランサムウェアグループが活動を開始したことが分かった。

 同社によると、新たな攻撃グループの手法は既存グループによる既に確立された手法の焼き直しだという。例えば、「Akira」といった複数のグループは、今はなき「Conti」と多くの共通点を持ち、Contiの元アフィリエイトが立ち上げたグループの可能性が高いとしている。

リサイクルされるランサムウェア(提供:ウィズセキュア)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。