ニュース
» 2023年11月27日 08時00分 公開

教育担当者は社員に「ITリテラシーについて学び直してほしい」と考えている manebi最も大きな課題は「時間がない」こと

manebiは社員教育担当者を対象に実施したリスキリングに関する調査の結果を発表した。リスキリングで最も大きな課題となっているのは「社員がリスキリングする時間の捻出」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 manebiは2023年11月22日、リスキリングに関する調査の結果を発表した。企業の教育担当者を対象に実施し、500人から有効回答を得た。それによると、リスキリングで最も大きな課題となっているのは「社員がリスキリングする時間の捻出」だった。

リスキリングの実施率は2022年から減少

 調査結果によると、リスキリングを社員に実施していると回答した企業の割合は40.8%だった。2022年の同調査では52.6%となっており、約12ポイント減少していた。リスキリングの方法としては多い順に「対面研修(外部講師)」(38%、複数回答、以下同)、「対面研修(自社講師)」(37%)、「Web会議を活用したオンライン研修(自社講師)」(35%)、「Web会議を活用したオンライン研修(外部講師)」(31%)などが挙がった。

画像 リスキリングの方法(提供:manebi

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。