ニュース
» 2023年12月21日 08時00分 公開

Cloudflare、「IPv6」普及率の推計を発表 3通りで推計した結果は?120を超える国/地域の310以上の都市で生成されたデータを推計に使用

Cloudflareは、インターネットにおける「IPv6」の普及状況の推計結果を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 CDN(Content Delivery Network)やインターネットセキュリティサービスなどを手掛けるCloudflareは2023年12月15日(米国時間)、インターネットのグローバルトレンドや洞察データを公開している「Cloudflare Radar」の観測を基に、インターネットにおける「IPv6」の普及状況を推計した結果を発表した。

 IPv6は、現代のインターネットを生み出したインターネットプロトコル(IP)である「IPv4」の後継バージョン。IPv4ではIPアドレスが32bit幅で、絶対数が約43億個だが、IPv6では128bit幅で、膨大な数のアドレスを付与することが可能になっている。

 Cloudflareによると、インターネットでは依然としてIPv4が主流のプロトコルとなっている。IPv6の普及拡大は2017年半ばまで、指数関数的に見えるペースで進んだが、その後は直線的なペースに移行している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。