Microsoft VisioやDraw.io、Graphvizなど7つの「ソフトウェアアーキテクチャ視覚化ツール」をレビュープロジェクトシナリオへの適合性を理解することが重要

TechTargetは、「ソフトウェアアーキテクチャ視覚化ツール」に関する記事を公開した。「Microsoft Visio」や「Draw.io」のような視覚化ツールは、ソフトウェアアーキテクチャの設計と管理に多くのメリットをもたらす。だが、重要なのは正しいツールを選択することだ。

» 2024年01月16日 08時00分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 TechTargetは2023年11月16日(米国時間)、「ソフトウェアアーキテクチャ視覚化ツール」に関する記事を公開した。

画像 7つのソフトウェアアーキテクチャ可視化ツールのレビュー(提供:TechTarget)

 ソフトウェアアーキテクチャ視覚化ツールは、アプリケーション開発とソフトウェアアーキテクチャ管理を成功させるために不可欠な要素だ。グラフィックを使ったコード表現やシステムの関係図など、視覚化はソフトウェアチームにプロジェクトの共通の青写真(将来予測、構想)を提供し、個々のモジュールの内訳を明確に定義し、アプリケーションの機能を動的に文書化する。

 ただし、視覚化ツールを選定する際に、そのツールの際立つ長所、潜在的な弱点、そして特定のプロジェクトシナリオへの適合性を理解することが重要だ。

 そこで本稿は、有料サブスクリプションやオープンソースツールを含め、視覚化ツールのさまざまな選択肢を評価して順不同で紹介する。なお、基となる情報はプロバイダーの情報ページと他の独立系情報源から集めており、どの視覚化プロバイダーからも影響を受けていない。また、紹介するツールにランクは付けずに紹介している。

Enterprise Architect

 Sparx Systemsの「Enterprise Architect」は、アーキテクチャ仕様、コードベースの詳細、メタ情報に関して、一元管理型の単一ソースを提供する。開発プロセス特有の機能(モデリング、リバースエンジニアリング、モデル変換、コード生成、ドキュメント作成など)を利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。