ニュース
» 2024年02月09日 08時00分 公開

モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJVM「CheerpJ 3.0」が登場Javaアプリケーションをプラグインなしにブラウザで実行できる

Leaning Technologiesは、モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJava仮想マシン(JVM)「CheerpJ 3.0」を提供開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Leaning Technologiesは2024年2月1日(米国時間)、モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJava仮想マシン(JVM)である「CheerpJ 3.0」の提供を開始したと発表した。

 CheerpJ 3.0は、Java 8との幅広い互換性を持ち、Javaアプリケーション、アプレット、ライブラリ、Java Web Start/JNLPアプリケーションを、プラグインなしでブラウザで実行するためのランタイム環境を提供する。

 JavaバイトコードをJavaScriptに変換するJIT(Just-In-Time)コンパイラと、OpenJDKに基づくJava SE 8(Java Platform, Standard Edition 8)ランタイムという2つのコンポーネントの組み合わせで、いずれもC++で書かれており、Cheerpを使ってWebAssemblyとJavaScriptにコンパイルされている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。