2024年1月の「WinRE更新エラー」は、なぜ、どのように発生したのか? どうやって解決するつもりなのか?検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(10)

2024年1月の定例のセキュリティ更新では、多くのWindows 10ユーザーがセキュリティ更新プログラム「KB5034441」がエラー「0x80070643」で更新の失敗を繰り返すという問題に遭遇しました。失敗の原因や回避策、その後の対応を追跡します。

» 2024年02月22日 05時00分 公開
[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「検証! Microsoft&Windowsセキュリティ」のインデックス

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ

2024年1月のセキュリティ更新プログラム「KB5034441」でエラーが多発、その原因は?

 2024年1月の最初の「Windows Update」では、多くの「Windows 10」ユーザーがセキュリティ更新プログラム「KB5034441」の更新エラーを繰り返すという問題に遭遇したことでしょう。また、あまり知られていないことですが、「Windows Server 2022」のServer Coreや「Azure Stack HCI バージョン22H2」「Microsoft Azure」上の「Windows Server 2022 Azure Edition」でも更新エラーが繰り返されています。問題が発生したセキュリティ更新プログラムは、以下のものです。


 これらのセキュリティ更新プログラムは、「Windows回復環境(Windows Recovery Environment:WinRE)」が有効になっていない場合や、「Windows BitLockerドライブ暗号化」を使用していなければ影響を受けません。影響を受ける場合でも、悪用される可能性は低い脆弱(ぜいじゃく)性だということを最初に覚えておいてください(画面1)。

画面1 画面1 CVE-2024-20666のセキュリティ情報

 また、Microsoftが対策を講じるまでに自分たちできるエラーの回避策については、以下の連載記事にまとめてあります。

 エラーの原因は、“更新されたWinREを格納する回復パーティションの空き容量不足”であり、それを解消すれば、エラーを回避してインストールを成功させることができます。つまり、CVE-2024-20666の脆弱性に対策できるということです。しかしながら、情報が少ない中で、検証しながら書いた記事であり、少し難解なところもあったかもしれません。

WinREに対する手動のオフラインパッチを一部のWindowsに対してWindows Updateで強行

 CVE-2024-20666のWebページで説明されているように、「Windows 11」のバージョン22H2とバージョン23H2では、WinREの更新は品質更新プログラムに含まれており、回復パーティションの空き容量が足りない場合、WinREの更新は元のイメージにロールバックされ、サイレントに失敗します。それについては、本連載第6回で説明しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。