「JetBrains」の各種IDE、AIコード補完機能をローカルで使用可能にクラウドベースのAI支援機能の懸念点をカバー

クラウドベースのAIアシスタントを利用して著作権やデータプライバシーの問題を回避するというトレンドがますます広がっている。そうした中、「JetBrains」が「GitHub Copilot」に先んじてローカルでのAIコード支援機能を実装した。本記事ではそのメリットを解説する。

» 2024年05月16日 08時15分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 JetBrainsが開発する各種IDE(統合開発環境)の大半に、ローカルAI(人工知能)コードオプションが組み込まれた。これは、コードの全行を提案することを目的にトレーニングされた小さな言語モデルを、ローカルで動かすものだ。コードの正確性をチェックする組み込み機能が、同社IDEの有償サブスクリプションを利用するユーザーに提供されるようになる。

 こうした機能は、2024年4月上旬にリリースされたバージョン2024.1のJetBrainsの各種IDEに同梱される。対象となるIDEには、「IntelliJ IDEA」(Java、Kotlinをサポート)、「PyCharm」(Pythonをサポート)、「WebStorm」(JavaScript、TypeScript、CSSをサポート)、「PhpStorm」(PHPをサポート)、「GoLand」(Goをサポート)、「RubyMine」(Rubyをサポート)などがある。今後のリリースでは、「Rider」(C#をサポート)、「RustRover」(Rustをサポート)、「CLion Nova」(C++をサポート)にも、全行コード補完サポートの追加が予定されている。JetBrainsのローカルAIコード補完モデルでは、コード行補完の提案に実際の変数とメソッドが含まれること、そして構文が正しいことも検証される。

 JetBrainsの全行コード補完チームでシニア機械学習エンジニアを務めるダニエル・サヴェンコフ氏は語る。「AIコード補完ツールの主な問題点の一つは、実際には存在しないメソッドや変数が生成される場合があり、提案を受け入れる前に利用者が修正しなければならなかったことだ。当社の全行コード補完では、提案を提示する前にその提案の正確性が全てチェックされる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。