生成AIをアプリケーション開発に活用する企業は、コストやハルシネーションの問題にどう取り組んでいるのかプロンプトを改善することで、品質向上、コスト削減にもつながる

Amazon Bedrockを早期導入した企業の担当者らが、クラウドのコスト管理からプロンプトの記述に至るまで、アプリケーション開発における生成AI活用のポイントを語った。

» 2024年05月31日 08時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2023年4月に、大規模言語モデル(LLM)のフルマネージドサービス「Amazon Bedrock」のプレビュー版を公開した。プレビュー版の公開時点で導入を決め、1年にわたって同サービスを活用してきた企業の担当者らが、アプリケーション開発に生成AI(人工知能)を利用する際のポイントを語った。

 語ったのは、カナダのトロントを拠点とする顧客調査プラットフォームプロバイダーAlidaでチーフアーキテクトを務めるシャーウィン・チュー氏と、米国ニューヨーク州メルビルのContact center as a ServiceプロバイダーVerint Systemsでチーフサイエンティストを務めるイアン・ビーバー氏だ。

AlidaはなぜAmazon Bedrockを選んだのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。