今こそ「Java」を学びたくなる10個の理由TechTargetジャパンエンジニア読本集

「Java」は歴史あるプログラミング言語であり、一部の開発者にとっては目新しい存在として映らない可能性がある。だが本当にそうだろうか。あらためてJavaの“真実”に目を向けよう。

» 2024年06月13日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」は、開発分野において一定の地位を保ち続けてきた。一方で開発のしやすさや安全性に配慮するなど、これまでのプログラミング言語の課題を解消すべく、さまざまな特徴を持つ新しいプログラミング言語が生まれ続けている。こうした中で、あえてJavaを学ぶ必然性はあるのだろうか。

 実はJavaは変化し続けており、興味をそそられる話題を次々に提供し続けている。本資料は、開発者が今こそJavaに目を向けるべき10個の理由を取り上げる。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます(TechTargetジャパンサービス利用登録)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。