連載
» 2006年05月02日 00時00分 公開

そのメールはスパムか否か、振り分けを鍛える 〜スパムメール対策「POPFileのクライアント設定」〜ツールを使ってネットワーク管理(9)(4/4 ページ)

[山本洋介,@IT]
前のページへ 1|2|3|4       

リモートで健一君あてのスパムも振り分けてあげる

 ほかのマシンからPOP3プロキシとしてアクセスできるようにするには、「セキュリティ」タブをクリックして、「リモートマシンからのPOP3接続を認める」を「はいに変更」ボタンをクリックします。

画面21 ほかのマシンからPOP3プロキシとしてアクセスも(画像をクリックすると拡大表示します) 画面21 ほかのマシンからPOP3プロキシとしてアクセスも(画像をクリックすると拡大表示します)

 変更を有効にするにはPOPFileを再起動する必要がありますので、コントロールセンターの「POPFileを停止」をクリックして、いったん停止させて、「スタート」ボタンから「プログラム」→「POPFile」→「Run POPFile」で再び起動させます。


 健一君のクライアントを律子さんのPOPFileを経由してメールを受け取るよう設定すると、こちらもspamが分けられるようになりました。

 「なんや、あんまりメールが減ってまうと、寂しなってしもたなあ」と、健一君も大喜びです。


 しばらくたち、POPFileのことを聞いた課長がやって来ます。

「私のところでも使えるようにしてくれないか」

「はあ」

「余ってるマシンあるからそこにサーバ立てといて。ついでにうちの課のほかのやつらのメールにも設定しておいてあげてね。任せたから」

「えっ…… でも、教育とかどうするんですか。あとタイトルとか見ちゃいますけど……」

「そんなの気にしなくていい、いい。会社のメールだし、律子さんが振り分けとか勝手に決めちゃっていいから」

 そういうと課長はとっととどこかに消えてしまいました。

 サーバを立てたり、メンバーのマシンをPOPFile経由でメールを受け取るようにメールクライアントを設定したり、振り分けの設定をしたり大忙しになってしまいました。

 しかも振り分けを教育するために、「履歴」を見ていると、相変わらず無駄なメールをつい読んでしまい、ちっとも仕事の効率は上がりません。そのうえ誤検知するたびに怒られます。

 よかれと思ってやっているのにちっとも報われないなあ、そんなことを思いながら、せっせと誤検知したメールの再分類に励む律子さんでした。

<ちょっと解説> POPFile

 spam、迷惑ですね。どうしてメールアドレスが漏れるのか分かりませんが、毎日大量のspamメールに悩まされる管理者やユーザーの方も多いと思います。

 そこで、spamを排除するためにさまざまな手段が考えられています。

 ここで紹介したPOPFileはPOP3サーバとクライアントの中間に置くPOP3プロキシspamフィルタですが、ほかにも各クライアントにインストールするタイプやsmtpサーバに対するプロキシ、そしてハードウェアspamフィルタなどさまざまな種類のものがあります。

 また最近ではレンタルサービスではspamフィルタリング機能を用意しているところも多いです。いろいろなサービスがありますので、予算と形態に合わせて使い分けましょう。




「ツールを使ってネットワーク管理」バックナンバー
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。