連載
» 2016年11月17日 05時00分 公開

Unityで草生えるわ――VRでも使える地形生成、3Dキャラクター操作、スクリプトで当たり判定ゲーム開発初心者のためのUnity入門(5)(3/6 ページ)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

木も生やす

 「Terrain」のInspectorで、図15の赤線囲ったアイコンをクリックし、表示される「Edit Tree」ボタンをクリックする(図15)。

図15 「Terrain」のInspectorの「Edit Tree」ボタンをクリック

 「Edit Tree」ボタンをクリックすると、「Add Tree」の画面が表示される。「Tree Prefab」の右端表示されている「○に・」アイコンをクリックする。「Select GameObject」画面が表示されるので、その中から「Broadleaf_Mobile」を選択して「Add」ボタンをクリックする(図16)。

図16 木の画像を選

 すると、Inspectorの「Trees」内に「Broadleaf_Mobile」が取り込まれる(図17)。

図17 Inspectorの「Trees」に「Broadleaf_Mobile」が取り込まれる

 この状態で、Scene画面上の木を生やしたい位置をクリックしていく。マウスホイールで拡大・縮小しながら、クリックしていく。マウスホイールでSceneの画面を縮小しながらクリックすると図18のように表示される。

図18 マウスでクリックした位置に木が生えた(zu_18.png)

空(そら)も作って保存

 「Window」メニューの「Lighting」から空(そら)の設定をする。空の設定については、連載第3回を参照してほしい。今回はAsset Storeから「Sky5X One」をImportして、Unityメニューの「Window」→「Lighting」で、今回は、Skyboxに「sky5X4」を指定した。Game画面に図19のように表示される。

図19 空の模様が追加された

 以上で地形の作成は完了だ。まだ湖の追加なども可能だが、1度に何もかもやっていると分かりづらくなるので、湖の追加はまた、別な機会で解説する。

 ここでUnityメニューの「File」→「Save Scene as」から「自然を作成する」というファイル名で保存しておこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。