連載
» 2016年11月17日 05時00分 公開

Unityで草生えるわ――VRでも使える地形生成、3Dキャラクター操作、スクリプトで当たり判定ゲーム開発初心者のためのUnity入門(5)(4/6 ページ)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

デフォルト3Dキャラクターをキーボードで動かせるようにする

 さて、いよいよ3Dキャラクターを登場させよう。今回の3Dキャラクターは「Asset Store」からダウンロードせず、Unityがもともと備えているものを使用する。

デフォルト3Dキャラクターをインポート

 まず、Unityメニューの「Assets」→「Import Package」→「Characters」と選択する(図20)。

図20 「Characters」を選択

 「Importing Unity Package」の画面が表示されるので、「Import」をクリックする(図21)。

図21 「Import」をクリック

 「Project」の「Assets」フォルダ内に「Characters」のフォルダが作成される(図22)。

図22 「Characters」のフォルダが作成

カメラをインポート

 同じく、Unityメニューの「Assets」→「Import Package」→「Cameras」で、カメラもインポートしておく。手順は「Characters」をインポートしたのと同じ手順だ。

 最終的にProject内のフォルダ構成は図23のようになる。

図23 最終的なフォルダ構成

三人称の視点で3Dキャラをキーボード操作させる「ThirdPersonController」プレハブの配置

 冒頭でも触れたが、「ThirdPersonController」は三人称の視点で3Dキャラにキーボード操作させるようにできる“動き”のアセットだ。

 Project内の「Assets」→「Standard Assets」→「Characters」→「ThirdPersonCharacter」→「Prefabs」の中にある、「ThirdPersonController.prefab」をScene画面上に配置する。

 「ThirdPersonController.prefab」を配置しても小さく表示されるので、マウスホイールで拡大して確認するが、その前に、いったん仮置きしておく必要がある。どこに「ThirdPersonController.prefab」を配置したらいいか分からないからだ。Hierarchy内の「Main Camera」をダブルクリックすると、Scene画面に、現在のカメラの位置が表示されるので、そのカメラの範囲に映る位置に仮置きしてから、マウスホイールで拡大しよう。

画面をぐるぐる見渡せる「FreeLookCameraRig」プレハブを「ThirdPersonController」にひも付ける

 次に、Projectの「Assets」→「Standard Assets」→「Cameras」→「Prefab」と選択して、「FreeLookCameraRig.prefab」をHierarchy内にドラッグ&ドロップする。この時点で、Hierarchy内の「Main Camera」はマウスの右クリックで表示される「Delete」から削除してしまおう。

 次に、Hierarchy内の「FreeLookCameraRig」を選択して、Inspectorを表示し、「Free Look Cam(Script)」項目の「Target」の右端隅にある「○に・」のアイコンをクリックして、「Select Transform」を表示させ、その中から、「ThirdPersonController」を選択する。「Move Speed」は「10」、「Turn Speed」は「2.5」程度にしておく(図24)。

図24 「Free Look Cam(Script)」の「Target」に「ThirdPersonController」を指定する

実行してみる

 小さくて分かり辛いが、「ThirdPersonController」を配置したのが図25だ。「FreeLookCameraRig」を配置して、「Target」に「ThirdPersonController」を指定したので、カメラは自然と「ThirdPersonController」の動きについてきてくれる。カメラが人物に追従してくれるようになるのだ。

図25 「ThirdPersonController」を自然の中に配置した。赤の矩形で囲っているのが「ThirdPersonController」だ

 以上で、マウス操作で画面をグリグリと見回せるようになり、キーボードの上下左右矢印キーで配置したデフォルト3Dキャラクターを操作できるようになる。またキーボードのスペースキーでジャンプもする。ここまでは全くのノンプログラミングだ。実際に動かしたのが動画1だ。

動画1 自然の中を駆け巡る3Dキャラクター

 これで一応完成だが、これだけでは3DキャラクターがTerrainから足を踏み外すと奈落の底に落ちてしまい、その後何も続けられなくなってしまう。そこで3DキャラクターがTerrainから落ちた場合は、また一から開始できるようにしてみよう。

 Cubeオブジェクトの落下領域「outarea」をTerrianの外に配置し、当たり判定のための「レイヤー」を追加する。そのレイヤーとThirdPersonControllerをひも付け、「outarea」にスクリプトを追加。そのスクリプトでThirdPersonControllerが呼び出されるというイメージだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。