連載
» 2015年10月02日 05時00分 公開

実業務でも使えるか? 今アツいDocker運用管理製品/サービス15選まとめDocker運用管理製品/サービス大全(1)(2/2 ページ)

[澤井健,株式会社NTTデータ]
前のページへ 1|2       

各Docker運用管理製品/サービス一覧の概要と特長

Docker MachineDocker SwarmDocker Compose(Docker M&S&C)

 Docker社が提供する機能拡張のオーケストレーションツール群です。

 それぞれ下記の機能を担います。詳細は、今後の特集で解説しますが、2014年12月発表時の記事「Dockerが新機能・サービスを続々発表、主要クラウドプレーヤーとの距離も緊密に」も参照してください。

  • Docker Machine:Dockerのホスト環境を構築
  • Docker Swarm:複数のDockerホストのグルーピング機能を提供
  • Docker Compose:コンテナーの多重化機能を提供

 これらを組み合わせて使うことで、複数ホスト間でコンテナークラスターを構築できます。Docker社が提供するものなので、構築、設定は容易で想定ターゲットはITアーキテクトといえるでしょう。

Docker Kitematic

 Docker社が提供するMacやWindows環境にDockerコンテナーを構築、管理するためのGUIツールです。想定ターゲットは開発者/プログラマーといえるでしょう。

Amazon EC2 Container Service(ECS)

 AWSのサービスの一つでDockerオーケストレーションツールを提供するSaaSです。AWSの各種サービスを利用しながら、Docker環境の構築、運用を一貫して行えます。

 SaaSであるため、利用が容易で小規模環境でも利用可能ですが、複雑なコンテナー構成にも対応し、オートスケールも可能なので大規模環境でも利用可能です。オートスケールや監視については、AWSの他のサービスで設定する必要があります。

 想定ターゲットはITアーキテクトであり、AWS Elastic Beanstalkより汎用的な構成を組む場合に向いています。

AWS Elastic Beanstalk

 AWSのサービスの一つで、Javaや.NET、PHP、Node.js、Python、Ruby、Go、そしてDockerを使用して開発されたWebアプリやサービスを、WebサーバーでデプロイおよびスケーリングするためのPaaSです。AWSの各種サービスを利用しながら、Docker環境の構築、運用を一貫して行えます。

 想定ターゲットは開発者/プログラマーであり、ECSと比べるとDockerコンテナーの多重化機能や複数のタスクを1インスタンス上で動かす機能がないので、単一アプリを負荷分散する構成となるでしょう。

Google Container Engine(略称:GKE。Google Compute Engineの略称がGCEなので)

 グーグルが提供するGCPのサービスの一つでDockerオーケストレーションツールのSaaSです。GCPの各種サービスを利用しながら、Docker環境の構築、運用を一貫して行います。

 SaaSであるため、利用が容易で小規模環境でも利用可能ですが、複雑なコンテナー構成に対応しています。GCPの他のサービスで設定する必要がある機能もあります。

 想定ターゲットはITアーキテクトといえるでしょう。

Kubernetes

 グーグルが提供するDockerコンテナー管理のオープンソースフレームワーク。GKEで利用されている機能をOSS(オープンソースソフトウエア)で公開したものです。

 下記、flannelを使うことによって複数ホスト間のDockerクラスター環境を構築できます。インストール方法や設定が複雑でバージョン間の違いが大きいため、構築するのに手間が掛かります。

 想定ターゲットはITアーキテクトであり、GKEのコアコンポーネント以外にも単独でプライベートクラウドを組み上げる場合でも利用できます。

flannel

 複数ホスト間でのDocker Engine(Dockerの本体)の連携を行うためのネットワークツールです。オープンソースプロジェクトであるCoreOSが提供しています。想定ターゲットはITアーキテクトであり、単独で利用するには、やや困難なツールといえるでしょう。

cAdvisor

 グーグルが主体で開発されているDockerホストとコンテナーを監視するOSSツール。ローカルのDockerホストとコンテナーのみが監視対象です。

 想定ターゲットはITアーキテクト、開発者/プログラマーといえるでしょう。

Shipyard

 Dockerコンテナーを監視・管理するOSSツールです。リモートのDockerコンテナーを監視できます。認証機能やコンテナーのクラスタリング機能があり、Docker運用環境の整備に向いています。

 想定ターゲットはITアーキテクト、開発者/プログラマーといえるでしょう。

Seagull

 Dockerコンテナーを監視・管理するOSSツールです。Shipyard同様、リモートのDockerコンテナーを監視できます。SeagullはShipyardとは違いローカルのDocker Engineにリモートアクセス設定を行わずに管理することが可能で、コンテナー一覧のフィルタリング機能を備えています。

 想定ターゲットはITアーキテクト、開発者/プログラマーといえるでしょう。

Panamax

 CenturyLink社が提供する、Dockerコンテナーを監視・管理するOSSツールです。Shipyard同様、リモートのDockerコンテナーを監視できます。PanamaxはShipyardとは違いコンテナーのグルーピング機能(単一ホスト)を備え、GUIが使いやすいという特長があります。

 想定ターゲットはITアーキテクト、開発者/プログラマーといえるでしょう。

Datadog

 Datadog社が提供するシステム監視機能のSaaSで、Dockerも対象としています。監視対象のDockerホストにエージェント、エージェントコンテナーを配置して使います。

 類似サービスとして下記New Relicがありますが、Datadogがコンテナーのメモリのページフォルトなどの詳細な監視ができるのに対して、New Relicは使用メモリのみ監視します。また、Datadogがコンテナーのディスクを監視できるのに対して、New Relicはディスクの監視ができません。

 想定ターゲットはITアーキテクト、開発者/プログラマーといえるでしょう。

New Relic

 New Relic社が提供するシステム監視機能のSaaSで、Dockerも対象としています。監視対象のDockerホストにエージェントを配置して使います。Datadogと異なり、エージェントのインストールのみでホストとDockerコンテナーの両方の監視が可能です。

 想定ターゲットはITアーキテクト、開発者/プログラマーといえるでしょう。

各ツールの位置付け

 最後に各ツールの位置付けを図に整理します。

横軸:機能範囲(部分的≒狭い 〜 総合的≒広い)縦軸:展開戦略(プロダクト志向 〜 サービス志向)

 次回からは、一覧で紹介した各製品/サービスについて、機能概要や使い方をもう少し詳細に紹介していきますので、お楽しみに。

特集:Docker運用管理製品/サービス大全

数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。



筆者紹介

澤井健

富山県出身。株式会社NTTデータに入社後、PostgresForestやHinemosの開発、保守、導入支援に携わり、今はHinemosのクラウドへの普及展開を進めている。休日は仕事を離れ、宝塚観劇のため日比谷や兵庫に訪れるなど趣味を満喫している。

  • 執筆履歴

Software Design plusシリーズ『Hinemos 統合管理[実践]入門』(共著:技術評論社)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。