Gitでコンフリクトが起きても大丈夫! コンフリクトを解消させる3つの方法こっそり始めるGit/GitHub超入門(4)(1/2 ページ)

本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。今回は、意図的にコンフリクトが起こるような操作を行って、コンフリクトが起こったときの対処方法を図を交えて説明します。

» 2023年10月02日 05時00分 公開
[平屋真吾@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

実際の開発では変更内容がコンフリクトしてしまう場合がある!

 本連載「こっそり始めるGit/GitHub超入門」では、バージョン管理システムGit」とGitのホスティングサービスの一つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。具体的な操作を交えながら解説していきますので、本連載を最後まで読み終えるころには、GitやGitHubの基本的な操作が身に付いた状態になっていると思います。

 連載第4回目の本稿のテーマは「コンフリクトが発生したときの対処方法」です。

 前回の「Git初⼼者でも分かるGitブランチの作成、確認、切り替え、マージ、削除の⼿順」までで「ブランチ作成」から「マージ」までの一連の操作を行いました。前回行った一連の操作では片方の「second」ブランチだけで変更を進めたので、変更内容が複数ブランチ間で「コンフリクト(衝突、競合)」することなく簡単にマージできました。しかし、実際の開発では変更内容がコンフリクトしてしまう場合があります。

 今回は、意図的にコンフリクトが起こるような操作を行って、コンフリクトが起こったときの対処方法を説明します。

コンフリクトが発生したときに行う3ステップ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。