連載
» 2022年05月25日 05時00分 公開

Microsoft Edgeに保存されているWebサイトのIDとパスワードの情報を確認するTech TIPS

パスワードを忘れても大丈夫? 実はWebブラウザに保存されているパスワードは簡単に確認できる。Microsoft Edgeで保存したパスワードの確認や編集、変更、エクスポート、削除の手順や注意点を説明する。

[デジタルアドバンテージ,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

Microsoft Edgeに保存されているWebサイトのIDとパスワードの情報を確認する

対象:Windows OS+Chromium版Microsoft Edge


 さまざまなWebサイトのサービスを利用する際、認証のためにIDとパスワードの入力が求められることがある。このようなWebサイトでも、Microsoft Edge(以下、Edge)の「オートフィル機能」を有効にしておけば(デフォルトで有効)、入力したIDとパスワードが保存され、次回以降は自動的に入力される。

 ただ、いつもこのオートフィル機能に頼っていると、ついついパスワードを忘れてしまいがちだ。Webサイトのページ構成が変更されてしまうと、オートフィル機能が働かず、IDとパスワードの入力を求められることがある。ところが、そうしたWebサイトに限って、IDとパスワードを忘れており、パスワードの再発行を依頼するなどしなければならなくなる。

 このよう場合、Edgeのオートフィル機能で保存されたIDとパスワード情報を確認すればよい。ここでは、オートフィル機能で保存されているIDとパスワード情報を確認する方法や、「弱い」パスワードの見つけ方、パスワードの編集、エクスポート、削除などの操作手順を紹介する。

 他のブラウザについては以下のTIPSを参照してほしい。

Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く

 Edgeに保存されたパスワードに関しては、URLに「edge://settings/passwords」を指定すると表示される画面に設定項目やパスワード一覧などがまとまっている。メニューから開く手順は以下の通りだ。

  1. Edgeのウィンドウ右上隅の[]アイコンをクリックしてメニューを開く
  2. 設定]をクリック
  3. 設定」画面の左ペインで[プロファイル]を選択
  4. 右ペインで[パスワード]をクリック
Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く(1/3) Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く(1/3)
Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く(2/3) Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く(2/3)
Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く(3/3) Edgeに保存されているパスワード一覧の画面を開く(3/3)

 保存されているパスワードの一覧は、「プロファイル / パスワード」画面の上から2番目の「<パスワード数> 保存されたパスワード」欄にある。この欄を操作することで、保存パスワードの確認や編集、削除、エクスポートなどができる。

Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する

 上記の設定画面を開いただけでは、Edgeに保存されているパスワードは「●●●」というように伏せられていて確認できない。伏せ字を解いて確認する手順は以下の通りだ。

  1. 保存パスワード一覧で、確認したいサイトの行にある目の玉を模したアイコンをクリック
  2. 認証を求めるダイアログが表示されるので、Windows OSのサインイン中のユーザーアカウントで認証を行う。必要なら「その他」リンクをクリックして、別の方法で認証を済ませる
  3. 伏せ字が解かれてパスワードが表示される。選択して[Ctrl]+[C]キーを押せばクリップボードにコピーできる
Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する(1/3) Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する(1/3)
Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する(2/3) Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する(2/3)
Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する(3/3) Edgeに保存されているIDとパスワードを確認する(3/3)

 元から平文で表示されているIDはそのままコピーできる。また、IDやパスワードの一部が省略されていて見えない場合、マウスポインターを左端から右へ移動させつつ選択していけば、全てコピーできる。

Edgeに保存されているパスワードを編集する

 保存されているパスワードが間違っていたり、サイト移転などでURLが変わったりした場合は、以下の手順で編集(修正)が可能だ。

  1. 保存パスワード一覧で、修正したいサイトの行の右端にある[]アイコンをクリックしてメニューを開く
  2. 編集]をクリックして「パスワードの編集」ダイアログを開く。求められたら前述の認証を実行する
  3. サイト」については、右端にあるペンのアイコンをクリックしてから修正
  4. パスワード」については、右端にある目の玉を模したアイコンをクリックして認証を済ませてから修正
  5. 完了]ボタンをクリックすると修正が反映される
Edgeに保存されているパスワードを編集する(1/2) Edgeに保存されているパスワードを編集する(1/2)
Edgeに保存されているパスワードを編集する(2/2) Edgeに保存されているパスワードを編集する(2/2)

 注意が必要なのは、ユーザー名(ID)が変更できないことだ。設定したいIDで新たにパスワードを登録するか、後述の方法でいったんパスワードを削除してから新たなIDで登録し直す必要がある。

「弱い」パスワードや使い回されているパスワードを見つける

 パスワードの取り扱いで気を付けなければならないのが、「同じパスワードを複数サイトで使い回すこと」と「すぐ破られそうな弱いパスワード」だ。Edgeは、保存パスワード一覧の「状態」列のアイコンでこうした問題を示してくれる。

「弱い」パスワードや使い回されているパスワードを見つける 「弱い」パスワードや使い回されているパスワードを見つける

 「状態」列のアイコンの意味は以下の通りだ。アイコンのメーターが満杯(3つのマスが全て黒く埋まっている)ではないパスワードは、変更するなどの対処が必要だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。