ニュース
» 2022年04月13日 08時00分 公開

「案件獲得にとても苦労している」 Miraieがシニアフリーランスエンジニアの実態調査結果を発表約7割が「働くことに対する不安が増えた」と回答

Miraieは、「シニアエンジニアの将来への不安」に関する調査結果を発表した。以前と比べてフリーランスとして働くことに対する不安が「増えた」と回答した割合は71.8%となっており、シニア層(40〜60歳代)のフリーランスエンジニアが案件の獲得に苦労していることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Miraieは2022年4月12日、「シニアエンジニアの将来への不安」に関する調査結果を発表した。

 この調査はシニア層(40〜60歳代)のフリーランスエンジニアの仕事獲得に関する実態を調べたもの。10年以上フリーランスをしてきたシニア層のエンジニアを対象に実施し、1074人から有効回答を得た。

年代が上がるごとに案件の獲得が困難に

 調査対象となったエンジニアの内訳は「システムエンジニア(SE)」が47.5%、「プログラマー(PG)」が35.7%、「デザイナー」が14.3%、「フロントエンジニア」が14.3%、「インフラエンジニア」が11.7%、「アーキテクト」が9.5%だった。

 案件の単価について聞くと「40万〜50万円未満」が最も多く31.0%。次いで、「40万円未満」が28.7%、「50万〜60万円未満」が23.6%だった。案件単価は減少傾向にあるようで、以前と比べて「やや減った」と回答した割合は45.5%、「かなり減った」は21.6%。それに対して「増えた」は、わずか3.3%だった。

画像 案件の単価に変化はあるかどうか(提供:Miraie

 案件の獲得状況について聞くと年代が上がるにつれて案件が獲得しにくくなる傾向が見える。40歳代前半のエンジニアは「とても苦労している」と回答した割合が23.3%だったのに対し、50歳代前半では27.9%、60歳代では32.5%となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。