ニュース
» 2022年04月26日 08時00分 公開

IPAが「基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験を2023年4月から通年実施にする」と発表出題形式も変更

IPAは「基本情報技術者試験」と「情報セキュリティマネジメント試験」を2023年4月から通年試験化すると発表した。出題形式も小問形式に変更することで午後問題をコンパクト化し、試験時間を30〜40%短縮する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 情報処理推進機構(IPA)は2022年4月25日、「基本情報技術者試験」と「情報セキュリティマネジメント試験」を2023年4月から通年試験にすると発表した。

 同試験は2020年12月からCBT(Computer Based Testing)方式で、年2回(上期と下期の一定期間)実施していた。2023年4月以降は、受験者が都合の良い日時を選択して受験できるようになる。通年実施への変更と合わせて出題の形式や範囲も変更するという。

画像 試験時間に関する変更点(提供:IPA

基本情報技術者試験の時間は300分から190分に

 出題形式については午後問題を小問形式に変更する。IPAによると「試験をコンパクト化し、試験時間を30〜40%短縮することが目的だ」という。この変更によって基本情報技術者試験の時間は300分から190分に、情報セキュリティマネジメント試験の時間は180分から120分になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。