ニュース
» 2022年04月27日 19時18分 公開

「ちょい抜けワーク」ができる会社で長く働きたい アドビがテレワークと理想の働き方に関する調査「資料のフィードバックはメールやチャットがいい」

アドビは、テレワークと理想の働き方に関する調査の結果を発表した。テレワーク中に私用で仕事を中断する「ちょい抜けワーク」の経験者は約8割。9割超の人が「ちょい抜けワーク」が可能な会社で長く働きたいと考えていた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アドビは2022年4月25日、テレワークと理想の働き方に関する調査の結果を発表した。調査は、テレワークを週1回以上行っている20〜49歳の全国のビジネスパーソンが対象で、合計500人から有効回答を得た。

約8割が「ちょい抜けワーク」を経験

 自宅でテレワークをしていると、急な来訪者への対応や子どもの世話などで仕事を中断しなくてはならないことがある。調査結果によるとテレワーク中に「育児や家事を挟みつつ働くことを会社から認められている」と回答した人の割合は82.4%だった。これらの人のうち、実際に「ちょい抜けワーク」を経験している割合は77.7%だった。

画像 テレワーク中に家庭内での対応が必要になったことがあるかどうか(提供:アドビ

 「テレワーク中でも育児や家族の都合などを挟みつつ、細切れに働くことを認める」制度があれば、その会社でより長く働きたいと「とても思う」と回答した人の割合は48.4%、「どちらかというと思う」は43.4%だった。

業務資料のフィードバック方法の理想と現実

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。