連載
» 2022年06月02日 05時00分 公開

【ITワード365】LiDAR/E2EE/BaaS/ビッグデータ/生体認証/Python/テキストマイニングITワード365

最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。

[デジタルアドバンテージ,著]

ITワード365は、ニュースなどで登場したIT関連用語をTwitterでコンパクトに毎日解説するサービスです。本記事は、Twitterで配信した用語解説を再編集して、まとめたものです。[View Tweet]ボタンをクリックすることで元のTweetが確認できます

Twitterは、「@WinInsider」をフォローしてください。


LiDARの仕組み LiDARの仕組み
LiDARは、光やレーザーを照射し、その反射がセンサーに届くまでの時間を計測し、距離を算出する。また、レーザーを左右、上下に移動させることで、3次元スキャナーとすることもできる。

【LiDAR(ライダー)】Light Detection And Ranging(光による検知と測距)またはLaser Imaging Detection And Ranging(レーザー画像検出と測距)の略。光やレーザーを照射し、その反射光をセンサーで捉えて距離を測る技術。自動車の自動運転、スマートフォンの計測機能などで使われている。

View Tweet

【End-to-end encryption(E2EE)】情報通信の際、送信側終端デバイスで暗号化、受信側終端デバイスで復号し、通信途中の第三者による情報参照を不可能にする通信方法。ロシアのウクライナ侵攻で、当局による情報検閲の懸念により、E2EE機能を持つテレグラムなどのメッセージアプリ利用が急増した。

View Tweet

【BaaS(Banking as a Service)】銀行が提供する「融資」「預金」「為替」などのサービスをAPIを介して使用可能にしたクラウドサービス。BaaSを使用することで、銀行事業者はもちろん、銀行以外の多様な事業者も、実績ある既成のプラットフォームにより安全な金融サービスを提供できるようになる。

View Tweet

【ビッグデータ(big data)】更新頻度が高く、多様性を持つ巨大な情報資産のこと。情報収集可能なデバイスの普及、コンピュータの性能向上やAI技術の進化によって、有意な知見が得られるようになり活用が進んでいる。ビッグデータから傾向を分析して高精度な予測を行うなどが可能になる。

View Tweet

【生体認証】指紋や顔、静脈など人間の身体的な特徴を使って本人を識別すること。事前に生体情報を登録して、認証時にその情報と照合することで本人かどうかを識別する。Windows 10/11では、Windows Helloとして指紋認証、顔認証に対応している。

View Tweet
Windows 10の指紋登録画面 Windows 10の指紋登録画面
Windows 10の[Windowsの設定]アプリの[アカウント]−[サインインオプション]画面では、PCが指紋認証や顔認証といった生体認証に対応していれば、それの登録が行える。指紋認証では、指紋を登録することで、指紋を使ってWindows 10にサインインが行えるようになる。

【Python(パイソン)】プログラミング言語の一種。機械学習向けのプログラム開発で広く使われている。基本的な処理を担う標準ライブラリに加え、機械学習向けの外部ライブラリも豊富である。シンプルな構文のため、完成したコードが読みやすく、保守しやすいという特徴がある。

View Tweet

■関連記事


【テキストマイニング(Text Mining)】大量の文書データから有意な情報を取り出す技術。テキストデータを単語や文節で区切り、それらの出現の頻度や出現傾向などを解析することで有用な情報を取り出す。アンケートの自由記述やコールセンターへの問い合わせ内容などの分析に活用されている。

View Tweet
テキストマイニングによる文章の分析例 テキストマイニングによる文章の分析例
ユーザーローカルのテキストマイニングツール「AIテキストマイニング」を使って、青空文庫で公開されている太宰治の「人間失格」を分析してみた。画面は、単語出現頻度を表示しているが、係り受け解析や感情分析、文書の要約なども行える。テキストマイニングを使うことで、アンケートの自由回答を分析したり、問い合わせを分類したりすることができる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。