オンライン会議は「定刻1分前に参加」が普通? ミクステンドが「オンライン会議マナー」に関する調査結果を発表相手のカメラを使っていたらこちらは使うべきか否か

ミクステンドは、「オンライン会議マナー」に関する調査の結果を発表した。オンライン会議で「待ちぼうけ」を経験した割合は75%で、その理由では「相手が会議を忘れていた」が最も多かった。

» 2022年06月02日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ミクステンドは2022年5月31日、「オンライン会議マナー」に関する調査の結果を発表した。この調査はミクステンドの日程調整SaaS(Software as a Service)「TimeRex」のユーザーを対象に実施し、106人から有効回答を得た。

75%が「待ちぼうけ」を経験

 オンライン会議に参加する際の服装について聞くと「ビジネスカジュアル」が45%、部屋着などの「ラフな服装」が25%、「上半身のみビジネスカジュアル」が15%、「スーツ」が12%だった。カメラ写りを配慮して、52%がライトを使用しており、8%が「オフラインのとき以上に化粧や髪形を整えている」と回答した。背景については「ぼかしている」(26%)、「バーチャル背景を使用している」(48%)など、計78%が背景に何らかの処理をしていた。

画像 カメラ写りに配慮して行っていること(提供:ミクステンド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。