ニュース
» 2022年12月13日 08時00分 公開

「Visual Studio Code」の「November 2022」、SSH不要でデスクトップPCや仮想マシンにアクセスできる「リモートトンネル」を利用可能に多数の機能改善でより便利に

Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「November 2022」リリース(バージョン1.74)を公開した。ワークベンチ、アクセシビリティー、ソース管理、デバッグ、言語などの機能が強化されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年12月8日(米国時間)、WindowsやLinux、macOSに対応するクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「November 2022」リリース(バージョン1.74)を公開した。

 VS Codeバージョン1.74では、ワークベンチ、アクセシビリティー、ソース管理、デバッグ、言語、リモート開発、拡張機能のサポートなどの機能が追加、改善されている。

 VS Codeバージョン1.74の変更点は以下の通り。

ワークベンチ

カスタムエクスプローラーでの自動表示

 新しい「explorer.autoRevealExclude」設定により、ファイルとフォルダを開いたときにエクスプローラーで表示および選択されないように、ファイルとフォルダを除外するためのglobパターンを構成できるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。