Windows 11時代のクライアントPC選び――エディションはどれを選べばよい? ProとEnterpriseの違いは?企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(3)

Windows 11には、企業向けの複数のエディションが存在します。Enterpriseはフル機能版と認識している方が多いようですが、Windows 10以降、新機能についてはProとEnterpriseでソフトウェア的な違いは実質的にありません。では、ProとEnterpriseは何が違うのでしょうか。

» 2022年12月26日 05時00分 公開
[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内

企業向けには3つのエディション、そのうち1つはサブスクリプション

 「Windows 11」には、複数のエディションが存在しますが、企業向けのエディションとしては以下の3つが基本になります。

  • Windows 11 Pro
  • Windows 11 Pro for Workstations
  • Windows 11 Enterprise

 Homeを含め、各エディションの機能比較は以下のMicrosoftのサイトで確認できます。ProとPro for Workstationsの違いは、後者がグラフィックスに集中した作業や膨大なデータの高速処理を対象に設計されており、最大4ソケットのCPUと最大6TB(テラバイト)までのメモリをサポートするという、サーバクラスのパフォーマンスと機能(「永続メモリ」や「SMB《Server Message Block》ダイレクト」「Resilient File System《ReFS》」のサポート)を提供する点の違いです。一般向けにはProかEnterpriseかという選択になるでしょう。

 上記Webサイトの比較表に、Enterpriseが入っていないことに気が付いたでしょうか。Enterpriseは正確にはエディションではなく、Windows 11 Pro向けのアップグレードを含む、デバイスまたはユーザー単位の以下のいずれかの「サブスクリプション」契約になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。