「今も紙とはんこを使っている」のは1割、ほとんどの企業で契約業務のデジタル化が進む ドリーム・アーツ契約業務のデジタル化に関する調査結果を発表

ドリーム・アーツは、「契約業務のデジタル化」に関する調査の結果を発表した。それによると約9割の企業が契約業務のデジタル化に取り組んでいることが分かった。

» 2023年01月26日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ドリーム・アーツは2023年1月24日、「契約業務のデジタル化」に関する調査の結果を発表した。これは、従業員数1000人以上の企業に勤務する従業員を対象に実施し、500人から有効回答を得た。

ほとんどの企業が「最初の一歩」を踏み出している

 契約業務のデジタル化の進捗(しんちょく)状況について聞くと「会社の契約業務がデジタル化されている」と回答した人の割合は89.6%だった。ただし、「全ての契約業務がデジタル化されている」と回答した人の割合は27.4%にとどまった。なお、「紙とはんこで契約業務をしている」と回答した割合は10.4%だった。

画像 契約業務がデジタル化されているかどうか(提供:ドリーム・アーツ

 デジタル化している契約業務については「承認ワークフロー」が最も多く、71.0%(複数回答、以下同)だった。次いで「電子契約、電子署名」(60.3%)、「契約書データの保存」(58.0%)などが続いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。