「評価されるだけの人」は「評価し、評価される人」に比べて納得度が低い ファインディが調査結果を発表エンジニアに特化した制度は企業の競合優位性にも影響?

ファインディは、IT/Webエンジニアの評価に関する調査の結果を発表した。それによるとエンジニアの過半数が人事評価に納得していることが分かった。

» 2024年01月16日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ファインディは2024年1月15日、IT/Webエンジニアの評価に関する調査の結果を発表した。それによると、開発現場に対応する独自の評価制度があるとエンジニアの満足度が高まる傾向にあることが分かった。

45.7%が「事業部門の従業員とは評価項目が違う」と回答

 人事評価への納得感について聞いたところ、直近1〜2年の自身の評価について「非常に納得している」が7.8%、「まあまあ納得している」が43.7%となっており、約半数が評価に納得していることが分かった。ただ、評価における立場も踏まえて分析すると、「評価されるのみの立場」の場合、「評価もする立場」の人と比べて評価の納得度合いが下がる傾向があった。

画像 人事評価への納得度(提供:ファインディ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。