ニュース
» 2024年01月22日 08時00分 公開

復旧できるかどうか不安なのに、半数以上の企業が「復旧よりも予防」に投資 デル・テクノロジーズ85%の組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払う

デル・テクノロジーズは、データ保護に関する調査の結果を発表した。過去12カ月以内にデータへのアクセスを阻害するサイバー攻撃を受けたと回答した人の割合は52%。85%の組織が、データにアクセスするために身代金を支払うことを余儀なくされた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 デル・テクノロジーズは2024年1月18日、データ保護に関する調査結果「Global Data Protection Index Cyber Resiliency Multicloud Edition」(GDPI)を発表した。この調査は世界の公共機関と民間企業のITとセキュリティの意思決定者を対象に実施したもので、1500人から有効回答を得た。そのうち、日本、オーストラリア、インド、韓国、シンガポール(以下、APJ地域)からは375人の有効回答を得た。

画像 プレスリリース

セキュリティ保険があっても安心できない

 調査結果によると「過去12カ月以内にデータへのアクセスを阻害するサイバー攻撃を受けた」と回答した人の割合は、回答者全体で52%、APJ地域では57%だった。デル・テクノロジーズによると、これは過去5年間で最も高い数値だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。