AIが組織文化とオペレーションに及ぼす影響を管理する方法Gartner Insights Pickup(335)

組織がAI導入を成功させるには「AIに仕事を奪われるのではないか」という従業員の不安に対処し、チェンジマネジメントをし、人材構成を改善する必要がある。

» 2024年01月26日 05時00分 公開
[Pieter den Hamer, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Insights」などのグローバルコンテンツから、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 生成AIの最近の進化は、AIを急速に成長させてきた。AIはもはや単なる技術やビジネスツールではなく、インターネットや印刷機、さらには電気の登場に匹敵するインパクトを社会に及ぼしつつある。今まさに社会全体を変容させようとしている。

 ビジネスにおいてAIはインパクトが大きく、広く浸透しつつあるため、非技術系従業員にも新しいスキルが要求されている。ビジネスリーダーや経営幹部が効果的なリーダーシップを発揮するには、こうした新しいスキルが必要になる。

 何よりも重要なスキルはクリティカルシンキングであり、従業員はAIとの効果的な働き方を学ぶ必要がある。ただし、AIはますます進化しているものの、限界があり、間違いを犯すこともある。ハルシネーション(AIがもっともらしいが誤った回答を返すことを指す)については誰もが知っているが、AIに関連する信頼性やリスクに関する問題は他にもある。

 AIが組織で果たすべき役割について、組織特有の状況や業種に合わせてビジョンを策定することが重要だ。リーダーがすべきことは、AIの可能性を探り、組織でAIを活用する具体的な機会を作ることを目指し、アイデア出しを始めたり、部下を後押ししたりすることだ。例えば、AIを顧客サービスや製造に、あるいは業務や財務に関する意思決定の改善に活用できる可能性がある。

 そのためには、競合他社の動きを理解し、AIの影響や業界にディスラプション(創造的破壊)をもたらす新規参入者の出現に備える必要がある。準備は、AIについて考えることだけではない。全ての企業や組織が、少なくともAIについて今すぐ学び始めるか、既に実施している取り組みをさらに拡大する必要がある。

職場への影響

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。