「管理が過剰だ」と感じる会社や上司の特徴 リクルートマネジメントソリューションズが調査結果を発表形骸化したルール、マイクロマネジメントなど

リクルートマネジメントソリューションズは「会社や上司からの管理に関する意識調査」の結果を発表した。会社に対して管理過剰感があると回答した人が半数近くを占め、会社管理過剰感はルールの形骸化や閉塞感がある会社だと高い傾向にあった。

» 2024年05月30日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 リクルートマネジメントソリューションズは2024年5月28日、会社や上司からの管理に関する意識調査の結果を発表した。この調査は、会社勤務の正社員(経営者や役員を除く)を対象に実施し、930人から有効回答を得た。

重要なのは「従業員を尊重する姿勢」

 会社に対する管理過剰感について4つの視点(「会社は従業員のことを管理し過ぎだ」「会社からの管理に息苦しさを覚える」「会社からの管理が煩わしい」「会社には、これがなければもっと高い成果が出せるのにと思うルールや手続きがある」)で聞いたところ、最も回答が多かったのは“成果創出を妨げるルールや手続き”で60.0%。次いで“管理の煩わしさ”で46.9%、“従業員を管理し過ぎ”が46.3%、“管理の息苦しさ”が45.9%だった。

画像 会社や上司からの管理過剰感(提供:リクルートマネジメントソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。