連載
» 2008年08月08日 00時00分 公開

11gからの新管理機構「ADR」を理解しようOracleトラブル対策の基礎知識(2)(4/4 ページ)

[馬場昌弘,株式会社コーソル]
前のページへ 1|2|3|4       

インシデント・パッケージの作成

 先に解説したとおり、インシデント・パッケージの作成には、Logicalパッケージを作成後、Physicalパッケージの手順でZIPファイルを作成します。今回は、Problem_IDとIncident_IDからインシデント・パッケージを作成する手順についての実行例を記載します。

Problem_IDを使用したLogicalパッケージの作成

 先に記載したProblem_ID: 3を指定して実行します。

   adrci> ips create package problem 3
   Created package 2 based on problem id 3, correlation level typical

 これでLogicalパッケージの作成は完了です。「Created package 2」と表示されていることから、作成されたパッケージ番号は「2」です。

Physicalパッケージの作成

 さきほど作成したLogicalパッケージを基にPhysicalパッケージを作成します。この際、先の出力結果にあったたパッケージ番号「2」を指定します。

 今回「C:\test」を指定し、「C:\test」ディレクトリ配下にZIPファイルを作成しています。

 この指定を省略した場合には、カレントディレクトリにZIPファイルが作成されます。

  adrci> ips generate package 2 in C:\test
  Generated package s in file C:\test\ORA600kok_20080709160417_COM_1.zip, mode complete

Incident_IDを指定したインシデントパッケージの作成

 Incident_IDを指定した場合の手順についても同様です。以下、実行例を記載します。

Logical パッケージを作成
      adrci> ips create package incident 7331
      Created package 3 based on incident id    7331, correlation level typical

Physical パッケージを作成
      adrci> ips generate package 3 in C:\test
      Generated package 3 in file    C:\test\ORA600kok_20080709192636_COM_1.zip, mode complete


 今回でログに関する説明は終りです。11gについては、これまで主流であったbackground_dump_destやuser_dump_destなどのパラメータが廃止されており、概念についても大きく変わっているため、初めて11gを触られる方は戸惑うかもしれません。本稿が少しでも役に立てばと思います。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。