連載
» 2010年06月25日 00時00分 公開

Java EE 6/Tomcat 7/Gitに対応したEclipse 3.6ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(15)(2/2 ページ)

[岡本隆史,@IT]
前のページへ 1|2       

Tomcat 7対応

 Servlet 3.0に対応するアプリケーションサーバとして、Tomcat 7が追加されました。Tomcat 7自身は正式リリース前なので、本稿執筆時点では、こちらからダウンロードする必要があります。

JAXBへの対応

 Java SE 6からXMLとJavaオブジェクトのマッピングを行うJAXBが標準でサポートされるようになりました。Heliosでも一足遅れてJAXBのサポートが追加されました。XMLスキーマXSDファイル)を右クリックして[Generate]→[JAXB Classes]でJAXBで利用するクラスを生成できます(図6)。

図6 XMLスキーマからJAXBのクラスの生成 図6 XMLスキーマからJAXBのクラスの生成

 JavaBeansからも、そのJavaBeansを扱うXMLスキーマを生成できます。

分散バージョン管理システム「Git」への対応

 GitMercurialなどの分散バージョン管理システムが最近急速に広まりつつあります(分散バージョン管理システムについては、連載第3回の「分散バージョン管理Git/Mercurial/Bazaar徹底比較」をご覧ください)。

 Heliosでサポートする標準のバージョン管理システムは相変わらずCVSですが、Heliosに標準で設定されてあるeclipse.org上のHeliosのアップデートサイトから、GitをサポートするEclipseプラグインEGit」が利用できるようになりました。EGitを利用すれば、Gitの基本的な操作をEclipse上から行えます。

図7 Gitのメニューが画面 図7 Gitのメニューが画面

 Eclipse.orgでは、すでにGitリポジトリが提供されており、いくつかのプラグインはすでにGit上で開発が勧められています(図8)。

図8 eclipse.orgで提供されているgitリポジトリ 図8 Eclipse.orgで提供されているgitリポジトリ

 なお、すべての開発がGit上で行われているわけではなく、いままで利用されているCVSやSubversionも併用して利用されています。

 SubversionもSubversiveによって、以前と同様にサポートされているので、追加でインストールすることによりSubversionを利用することも可能です。

コラム 「Eclipse 3.6 Heliosのメニューの日本語化」

Eclipseの本家サイト「Eclipse.org」で配布しているEclipseパッケージは、言語は英語のみのサポートです。英語のみのサポートといっても、ファイルの編集などで日本語を利用しても問題はありませんが、メニューなどのメッセージはすべて英語です。

そこで、「MergeDoc」プロジェクトで提供されている「Pleiades」を利用すると、3.4以前と同様にEclipseのメッセージを日本語化できます。Pleiadesの詳細は、MergeDoc Projectのサイトを、利用方法については、「すぐに日本語で使えるEclipse 3.4大特集(前編)」などをご覧ください。

図9 Pleiadesにより日本語されたHelios 図9 Pleiadesにより日本語されたHelios

そして、次世代Eclipse「e4」へ……

 Heliosは、開発者の近年の状況を反映した手堅いリリースとなっています。特にLinuxやGitなどを利用していて、いままでのEclipseに不満がある人は、ぜひとも使ってみてください。

 現在、Eclipseプロジェクトでは、次世代のEclipseとして「e4」が開発されています。

 e4では、「XWT(XML Windowing Toolkit)」によるXMLベースのUIコンポーネントの定義とCSSによるUIの装飾、「SWT(Standard Widget Toolkit) Browser Edition」による、WebブラウザFlash Player上でのSWTアプリケーションの表示などが実装される予定です。

 e4も近々リリースされる予定なので、楽しみですね。

「ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!」バックナンバー
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。