連載
» 2011年10月28日 00時00分 公開

[応用編]RSSリーダーWindows Phoneアプリの作り方Silverlightベースで作るWP7アプリ開発入門(6)(5/5 ページ)

[泉本優輝,WP Arch]
前のページへ 1|2|3|4|5       

作ったビヘイビアをExpression Blendで使う

 Expression Blendに戻ったら、ビヘイビアの欄に先ほど作成した「OpenWebBrowserTaskAction」が確認できます。

ビヘイビアに表示されたOpenWebBrowserTaskAction ビヘイビアに表示されたOpenWebBrowserTaskAction

 「Smart&Social」の中にあるListBoxのItemTemplateを編集する画面にし、OpenWebBrowserTaskActionをButtonの中に設置します。

OpenWebBrowserTaskActionの配置 OpenWebBrowserTaskActionの配置

 OpenWebBrowserTaskActionのプロパティを編集します。その他パネルに定義したUrlが確認できます。

公開されたUrlプロパティ 公開されたUrlプロパティ

 Urlの詳細オプションをクリックします。

Urlプロパティの詳細オプション Urlプロパティの詳細オプション

 データコンテキストからlinkを選択します。

データコンテキストからのデータバインドの作成 データコンテキストからのデータバインドの作成

 Urlプロパティがデータコンテキストのlinkとバインディングされ、開きたいURLが入力されていることが確認できます。

バインディングされたUrlプロパティ バインディングされたUrlプロパティ

 おつかれさまでした。これで、完成です。

好きなようにカスタマイズも

 実行してみましょう。ボタンをクリックすればWebページが表示されます。

アプリのフロントエンドの完成 アプリのフロントエンドの完成

 最後に、アイコンやスプラッシュスクリーン、背景画像などを好みのものにするといいでしょう。これでサンプルデータセットを使ったRSSリーダのフロントエンドが完成しました。実際に新しいデータを取得するには、通信を行うプログラムが必要です。

 本稿のサンプルアプリのプロジェクトファイルは、こちらからダウンロードできます。

TasksやカメラなどをVisual Studioと連携して使う

 今回、ご紹介したもののほとんどは、いままでの記事で扱ったものを利用したり応用したりしたものです。このようにExpression Blendを使えば、画面デザインのほとんどと、ある程度の挙動はノンコーディングで開発できます。

 また最後には、Visual Studioで本格的にコーディングを行い、新たにビヘイビア作成まで取り組みました。

 しかし、アプリの処理や内部を作り込むには、やはりプログラミングから通信処理を行ったり、データを取得したりする必要があります。次回からはExpression Blendと連携して、Visual Studioでの開発も折り込みながら、TasksやカメラなどWindows Phoneのさまざまな機能を扱っていきます。

著者紹介

Windows Phone Arch代表

泉本優輝

UIデザインからプログラミング、表現までやりたい、自称クリエイティブデザイナ

“さわってみたい”を創ることが目標。フィジカルコンピューティングなどの試作を行う傍ら、コミュニティ活動ではExpression Blendを中心としたセッションを行っている



前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。