連載
» 2022年09月12日 05時00分 公開

【Windows 10】スタートアップで起動時に実行されるアプリを追加・削除するTech TIPS

Windows 10にサインイン後、常にWebブラウザやメールクライアントなどを順番に起動しているのであれば、これらのアプリケーションをスタートアップに登録し、自動起動するように設定するとよい。

[小林章彦デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


サインイン後にいつも同じアプリケーションを起動するのであれば…… サインイン後にいつも同じアプリケーションを起動するのであれば……
サインイン後にいつも同じアプリケーションを手動で起動させるのは面倒だ。[スタートアップ]フォルダを利用すると、自動的にアプリケーションを起動させることができる。

 Windows 10にサインインしたら、Webブラウザやメールクライアント、Microsoft Excelなどの同じアプリケーションを毎回起動してから作業を始めるという人も多いのではないだろうか。こうした毎回起動するアプリケーションが決まっているなら、[スタートアップ]フォルダにアプリケーションのショートカットを登録し、サインイン後に自動起動するように設定すると便利だ。

 そこで本Tech TIPSでは、Windows 10にサインインしたら、特定のアプリケーションが自動的に起動できるように設定する方法を紹介する。アプリケーションの起動時にファイルやWebページなどを同時に開くこともできる。なお、本Tech TIPSではWindows 10による手順を紹介するが、Windows 11でも同様の手順で設定可能なので参考になるだろう。

[スタートアップ]フォルダの場所

 Windows OSには、「スタートアップ」と呼ばれる機能があり、アプリケーションのショートカットを[スタートアップ]フォルダに置くことで、それらのアプリケーションをサインイン後に自動で起動させることができる。Windows 10の場合、デフォルトでは以下の場所が[スタートアップ]フォルダとなる。

■ユーザーごとの[スタートアップ]フォルダのパス
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup


■全ユーザー共通の[スタートアップ]フォルダのパス
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup


[スタートアップ]フォルダの場所

エクスプローラーで[スタートアップ]フォルダを開く エクスプローラーで[スタートアップ]フォルダを開く
エクスプローラーでたどって開くには、[C]ドライブ−[ユーザー]−[<ユーザー名>]−[AppData]−[Roaming]−[Microsoft]−[Windows]−[スタート メニュー]−[プログラム]の順に開けばよい。ここの[スタートアップ]フォルダにアプリケーションのショートカットをコピーすれば、<ユーザー名>でサインインしたときにそのアプリケーションが自動で起動するようになる。なお、全ユーザーがサインインしたときに自動起動するようにしたい場合は、[ProgramData]−[Microsoft]−[Windows]−[スタート メニュー]−[プログラム]−[スタートアップ]フォルダの方にショートカットをコピーすればよい。

 なお、AppDataフォルダは隠しフォルダになっているため、デフォルトではエクスプローラーに表示されない。そのため、あらかじめ以下の手順で隠しフォルダを表示する設定をする必要がある。

隠しフォルダを表示する 隠しフォルダを表示する
エクスプローラーを実行し、[表示]メニューを開いて、「隠しファイル」のチェックを入れればよい。

 また、ユーザーごとの[スタートアップ]フォルダは、エクスプローラーのアドレスバーに「shell:startup」と入力し、[Enter]キーを押すことでも開くことができる。全ユーザー共通の[スタートアップ]フォルダは、同様に「shell:common startup」で開くことが可能だ。この場合は、隠しフォルダを表示する設定にしておく必要はない。

アドレスバーを使って[スタートアップ]フォルダを開く(1) アドレスバーを使って[スタートアップ]フォルダを開く(1)
エクスプローラーのアドレスバーに「shell:startup」と入力して、[Enter]キーを押す。
アドレスバーを使って[スタートアップ]フォルダを開く(2) アドレスバーを使って[スタートアップ]フォルダを開く(2)
ユーザーごとの[スタートアップ]フォルダを開くことができる。

[スタート]メニューにあるアプリケーションのショートカットを[スタートアップ]フォルダに置く

 上述の手順で[スタートアップ]フォルダをエクスプローラーで開いたら、そこにサインイン後に起動させたいアプリケーションのショートカットをコピーまたは作成すればばよい。

 [スタート]メニューにアプリケーションが登録されているのであれば、メニューを開いてそのアプリケーション名のアイコンを[スタートアップ]フォルダへドラッグ&ドロップすればよい。

 例えば、「Google Chrome」ならば、[スタート]メニューを開き、「Google Chrome」を探し、これを[スタートアップ]フォルダにドラッグ&ドロップする。これで「Google Chrome」のショートカットが[スタートアップ]フォルダに置かれ、次回のサインイン後にGoogle Chromeが自動起動するようになる。

 「電卓」アプリのような「Microsoft Store」アプリであっても、同様に[スタート]メニューのタイルを[スタートアップ]フォルダにドラッグ&ドロップすればよい。

 なお、全ユーザー共通の[スタートアップ]フォルダにアプリケーションのショートカットをドラッグ&ドロップする際は、管理者の権限が求められるので、管理者アカウントでサインインしている場合は[続行]ボタンを押す。管理者権限がない場合は管理者アカウントの認証情報を入力する必要がある。

[スタート]メニューから[スタートアップ]フォルダに置く [スタート]メニューから[スタートアップ]フォルダに置く
エクスプローラーで[スタートアップ]フォルダを開いておき、[スタート]メニューから起動させたいアプリケーション名をドラッグ&ドロップすればよい。[スタート]メニューにはアプリケーションのショートカットが置かれているので、それを[スタートアップ]フォルダにコピーすることになる。

 PCの搭載メモリ容量が少ない場合、スタートアップを使って多くのアプリケーションを起動するようにすると、メモリのスワップが発生してしまい、起動が遅くなってしまうので、最低限のアプリケーションに限定しておくのがよい。

エクスプローラーでショートカットを作成して[スタートアップ]フォルダにコピーする

 [スタート]メニューに登録されていないアプリケーションの場合は、エクスプローラーでそのアプリケーションがインストールされているフォルダを開き、実行ファイルのショートカットを作成して、それを[スタートアップ]フォルダに移動する。

 実行ファイルのショートカットは、ファイルを右クリックし、メニューから[ショートカットの作成]を選べばよい。

ショートカットを作成して[スタートアップ]フォルダにコピーする(1) ショートカットを作成して[スタートアップ]フォルダにコピーする(1)
自動実行させたいアプリケーションがインストールされているフォルダを開き、実行ファイルを右クリック、メニューで[ショートカットの作成]を選択する。
ショートカットを作成して[スタートアップ]フォルダにコピーする(2) ショートカットを作成して[スタートアップ]フォルダにコピーする(2)
作成したショートカットを[スタートアップ]フォルダに移動する。

 なお、[Program Files]/[Program Files(x86)]フォルダなどシステムフォルダにインストールされているアプリケーションの場合、これらのフォルダにはショートカットが作成できず、代わりにデスクトップに作成するかどうかを問い合わせるダイアログが表示される。[はい]ボタンを押すとデスクトップにショートカットが作成されるので、それを[スタートアップ]フォルダへドラッグ&ドロップすればよい。

ショートカットのオプションで特定のファイルを開いて起動させることも可能

 サインイン後の自動起動時に特定のWebページやファイルを開いた状態にできると、さらに効率よく作業がスタートできるだろう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。