連載
» 2019年03月06日 05時00分 公開

HRテックを導入したおかげでドローンがどんどん入社IT用語解説系マンガ:食べ超(158)(4/4 ページ)

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]
前のページへ 1|2|3|4       
社長「ヒューマンリソースを最適化せねばならぬ……!!」社長の気付き 私さん「社長の目には社員がリソースにしか見えていないのでは??」社長「そんなことないよ。人間として見てるよ」社長「みんなのことは家族のように思っているのだよ!」私さん「それはちょっとNGワードでございますぞ……」私さん「社長が人事評価にヘンなバイアスを入れるよりも公正なシステムでやった方がいいのは確かね」マルコフ君「そうなんすねー」私さん「だから基本的にはHRテック導入賛成でーす」社長「よしよし。言質をとったぞ」マンハンターズ「こんにちはー。マンハンターズでーす」マンハンターズ「人材確保に重点を置いたHRテックサービスです」私さん「えーと。生きた状態で確保するんですよね?」マンハンターズ「高性能の赤外線センサーで1人も逃がしません!」マルコフ君「センサーいいっすねー」クラウド「私たちは人材をクラウド化しまーす!」私さん「しないで!?」
人材を保有スキルでパーツ分けし、組み合わせて仮想のベスト人材を作れるんです! クラウド「実装上はこのようになります」私さん「地獄か」コア「当社サービスのコアフィーチャーはカスタマイザビリティであります」マルコフ君「カスザマ……何すか?」コア「経営者のマインドに合わせて人事ポリシーをカスタマイズできるのであります!!」私さん「あっこれが一番やばいやつ……」社長「これに決めた!」社長のマインドに合わせてカスタマイズした結果……人事システムがほぼ機能しなくなりました★おばあちゃん「透明性は保証されてるけど社長ゆずりのランダム性がすべてを台無しにしてるってわけね」おおっと。ここで社長に平社員降格の決定が!! 社長「ぬわ!?」社長「なぜだあ」社長が復帰するまでの闘いは映画にできそうな感じでした

筆者プロフィール

倉田タカシ

倉田タカシ

イラストレーター、マンガ家、文筆業、Web制作業。

著書「母になる、石の礫【つぶて】で」(早川書房)、「うなぎばか」(早川書房)など

河出書房新社『NOVA2』『NOVA10』、東京創元社『量子回廊』に短編を収録。共作Web企画『旅書簡集 ゆきあってしあさって』に参加中。

http://yukiatte.tumblr.com/



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。