ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月21日 08時00分 公開

「日本にはテレワークだと仕事に集中できない人が多い」 アドビが未来の働き方に関する調査結果発表日本は業務の中で雑務にかける時間が長い

アドビは、7カ国を対象に実施した未来の働き方に関する調査の結果を発表した。日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が多数を占めた。日本は、全体の業務時間の中で雑務にかける時間が長いことも分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アドビは2021年9月16日、全世界で実施した未来の働き方に関する調査の結果を発表した。世界全体では、テレワークの導入によってワークライフバランスが向上したと答えた人が多数を占めたのに対して、日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が多かった。

画像 テレワークはオフィス勤務と比べて仕事がはかどるか(提供:アドビ

 今回の調査は、日本、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国で、従業員数1000人以上の企業に勤める男女3404人を対象に実施した。

「紙文書のデジタル化がテレワーク体験向上の鍵になる」

 ワークライフバランスについて聞くと、テレワークによって「ワークライフバランスが向上した」と回答した割合は、7カ国の平均が85.5%だった。最も高かった国はニュージーランドで95.7%だった。これに対して日本は73.0%だった。

 テレワークの方がオフィス勤務よりも仕事が「はかどる」と回答した割合は7カ国の平均が69.1%だった。日本は42.8%と、7カ国で最も低い結果になった。この点からアドビは「日本はテレワークでオフィスほど効率的な仕事ができていない」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。