連載
» 2021年12月14日 05時00分 公開

Microsoft Officeの製品サポートとサービス接続サポートを再確認企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(114)

Microsoft OfficeとWindowsの組み合わせは、恐らく最も一般的な、そして古くから慣れ親しんでいる企業クライアントPCの構成です。デスクトップアプリケーションとしてのOfficeアプリは現在も提供されていますが、バックエンドとなるサービスは、以前のOfficeサーバ製品からMicrosoft 365(旧称、Office 365)へと切り替わっています。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Officeアプリもクラウド版がメインストリームに

 「Microsoft Office」は、単体アプリを含めれば(1985年のMacintosh版「Microsoft Excel」など)、Windowsよりも長い歴史のあるMicrosoft製品です。生産性アプリケーションの統合スイート製品として長くバージョンアップを重ねてきましたが、現在はクラウドサービスとともに提供される「Microsoft 365 Apps」(旧称、Office 365 ProPlus)がメインストリームになりました(画面1)。

画面1 画面1 Microsoft 365 Appsの最新バージョンのOutlookクライアント

 “クラウド版”とはいっても、Windows(やmacOS)のローカルにインストールする「サブスクリプション版のデスクトップアプリケーション」であり、企業向けの永続ライセンス製品としてのMicrosoft Officeも引き続き提供されています。なお、Microsoft 365 Appsに対して、企業向けの永続ライセンス製品を「Office LTSC」と呼ぶこともあります。

 Microsoft 365 Appsは、適切に更新されている限り、常に最新バージョンが利用可能であり、定期的に新機能が追加されます。一方、Office LTSCはリリース時点の機能に原則として固定され、セキュリティ更新およびバグ修正のみが提供されますが、10年(メインストリーム5年+延長サポート5年)という長期サポートが提供されてきました。

 ただし、「Office 2019」のサポート期間は7年(メインストリーム5年+延長サポート2年)に、「Office LTSC 2021」のサポート期間は5年(メインストリーム5年のみ)に短縮されており、MicrosoftとしてはMicrosoft 365 Appsへの移行を強く勧めたいようです(表1)。

製品 サポート終了日
Office 2010 2020年10月13日
Office 2013 2023年4月11日(*1)
Office 2016 2025年10月14日
Office 2019 2025年10月14日
Office LTSC 2021 2026年10月13日
表1 Office LTSCの製品サポート(*1 Office 2013バージョンのOffice 365 ProPlusのサポートは、2017年2月28日に終了済み[参考]製品およびサービスのライフサイクル情報の検索|Office

クラウドサービスへの接続性は、Office 2016以降を公式にサポート

 Officeアプリを「Microsoft 365」(「Exchange Online」「SharePoint Online」「OneDrive for Business」など)のクライアントとして利用する場合、その接続性については製品のサポート期間中であることに加えて、2020年10月13日以降は「Office 2016」以降にサポートが限定されたことに注意してください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。