連載
» 2022年01月05日 05時00分 公開

最新のActive Directoryに移行するためのガイダンス企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(115)

本連載では、主にクライアントとしてのWindowsの機能や管理について取り上げてきましたが、今回はWindows Serverが提供するインフラストラクチャサービス「Active Directory」の移行を取り上げます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

一番のお勧めは「計画的なアップグレード」

 Microsoftは固定ライフサイクルポリシーの下、Windows Serverの各LTSC(長期サービスチャネル)バージョンに対して、少なくとも「5年」のメインストリームサポートと、その後「5年」の延長サポートを提供しています。

 また、「Windows Server 2008」と「Windows Server2008 R2」については、サポート終了後に最大3年間の「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を有料または無料で提供するオプションを用意しています(Microsoft Azure上のインスタンスには無料提供で、Azureのみ一部の製品については4年目のESUを提供)。ESUは、2023年1月に延長サポートを終了する「Windows Server 2012」と「Windows Server 2012 R2」に対しても提供されることが発表されています(図1)。

図1 図1 Windows Serverは少なくとも10年の製品サポートは保証されており、十分な移行期間がある。ESUを含めれば、さらに余裕が生まれる

 Microsoftはこれまで、Windows Serverの新しいメジャーバージョンがリリースされると、基本的に2つ前のメジャーバージョンからのインプレースアップグレードを正式にサポートしてきました。そのため、延長サポート期間が終了するまでに、後継バージョンに移行するには十分な時間があります。Windows Server 2008以降のESUを含めると、さらに十分に長い移行期間が利用可能になりました。

 しかしながら、さまざまな理由で(例えば、リース期間が終了するまで現行バージョンのまま運用したい、など)、古いバージョンのWindows Serverが残ってしまうことがあり、インプレースアップグレードパスを越えるバージョン間の隔たりは、移行を困難にします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。