以前の水準に戻るのは「2023年以降」と予測 IDCが国内IT市場予測をアップデート2021年9月現在のCOVID-19の影響を考慮

IDC Japanは、2021年9月末現在の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場予測を発表した。2020年の実績は18兆2518億円。2021年の予測については19兆234億円とした。

» 2022年01月12日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2022年1月7日、2021年9月末現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮した国内IT市場予測を発表した。2020年の実績は前回と比べて、0.7ポイント改善して18兆2518億円(2019年に比べて1.5%減少)。2021年の予測については1.5ポイント改善して19兆234億円(2020年に比べて4.2%増加)とした。

画像 2020〜2025年の国内IT市場の産業分野別出額予測(提供:IDC Japan

小規模企業は業績の低迷が長期化

 IDCによると、COVID-19によるサプライチェーンの混乱が収まり、製造業を中心とする国内の主要産業は回復しつつあるという。同社は「テレワークや各種サービスのオンライン化など非接触化の定着によって通信分野がIT支出をけん引している。ただし、感染再拡大の兆候があるなど、同社は予断を許さない状況が続いている」としている。

 2021年の経済成長率は、2021年9月時点でワクチンの接種が進んでいることから2.3%のプラス成長に転じる見込みだ。IDCは2020〜2025年の年間平均成長率(CAGR)を3.2%とみており、2025年の国内IT市場規模は21兆3539億円になると予測する。ただし、回復ペースは緩やかで「経済活動がコロナ禍以前の水準に回復するのは2023年以降になるだろう」と分析する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。