連載
» 2022年04月11日 05時00分 公開

Windows 11とWindows Server 2022に正式対応! System Center 2022の一般提供開始、DPM 2022は2022年5月リリースMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(168)

Microsoftは2022年4月1日(米国時間)、「System Center」ファミリーの最新バージョン「System Center 2022」の一般提供開始を発表しました(ただし、DPM 2022は5月に公開予定)。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows 11とWindows Server 2022に正式対応したサーバ製品群

 「System Center」は、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境のエンタープライズデータセンターやインフラストラクチャの運用および管理機能を提供するサーバ製品群です。その長期サービスチャネル(LTSC)製品の最新バージョン、「System Center 2022」の一般提供が発表されました。

 2022年4月1日に一般提供が開始されたのは、「Operations Manager(OpsMgr)2022」「Orchestrator 2022」「Virtual Machine Manager(VMM) 2022」「Service Manager(SM) 2022」の4製品です。System Centerには「Data Protection Manager(DPM)」も含まれますが、DPM 2022は2022年5月にリリースされる予定です。

 なお、4製品の180日評価版は、2022年3月下旬から利用可能になっています。評価版の説明には「System Center 2022 will be available only in English from the Evaluation Center.」とありますが、セットアッププログラムは日本語を含む多言語対応です。

 「System Center 2022」は、System Centerとして初めて「Windows 11」と「Windows Server 2022」を正式サポートします。System Center 2019以前で運用管理を行っていた場合は、ようやく運用管理ツールが最新OSに対応したことになり、移行を本格的に進めることができるでしょう。

 なお、以前は「Configuration Manager」もSystem Centerに含まれていましたが、現在は「Microsoft Endpoint Manager」ファミリーの一部「Configuration Manager Current Brunch」として、モダンライフサイクルポリシーに基づいて、より短いサイクルで継続的に更新されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。