ニュース
» 2022年04月19日 12時00分 公開

年次Java開発者調査結果、Perforceが発表Java言語および開発、マイクロサービスなどのトレンドを網羅

Perforce Softwareは、Java開発者を対象とした年次調査結果をまとめた報告書「2022 Java Developer Productivity Report」を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 幅広い開発者向けソフトウェアを提供するPerforce Softwareは2022年2月22日(米国時間)、Java開発者を対象とした年次調査結果をまとめた報告書「2022 Java Developer Productivity Report」(2022年Java開発者生産性レポート)を発表した。

 今回の年次調査は2021年10月〜2022年1月に実施され、876件の回答を得た。Java言語および開発、Javaアプリケーションアーキテクチャ、Javaマイクロサービス、Java技術、Java CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)、開発生産性のそれぞれに関するトレンドなどについて調査しており、レポートでは、従業員100人以上と100人未満など、企業規模別の回答結果も適宜紹介している。

 以下では、同調査の主要な質問と回答結果(回答率が高かった上位の数項目など)を紹介する。

Java言語および開発のトレンド

メインアプリケーションでどのJDK(Java Development Kit)プログラミング言語を使っているか

 Java 8(37%)、Java 11(29%)、Java 12以降(12%)、Kotlin(8%)

JDKバージョンをアップグレードする決定にどのファクターが影響するか

 LTS(長期サポート)(25%)、セキュリティ(23%)、パフォーマンス(20%)、新機能(18%)、コンプライアンス(14%)

JDK 17にいつアップグレードするか

 6カ月以内(37%)、12カ月後以降(30%)、6〜12カ月以内(25%)

どのJRE(Java Runtime Environment)/JDKディストリビューションを使っているか

 Oracle Java(36%)、Open JDK(27%)、AdoptOpenJDK/Adoptium(16%)、Amazon Corretto(7%)、Azul Zulu(6%)

Javaアプリケーションアーキテクチャのトレンド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。