【初心者向け】「VPC Reachability Analyzer」でネットワーク通信の障害を分析する基本手順AWSチートシート

AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回はVPC内の通信をテストして「どのフローに問題があるか」を視覚化する機能「VPC Reachability Analyzer」を紹介し、使い方を説明します。

» 2023年01月12日 05時00分 公開
[沼崎伸洋株式会社システムシェアード]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 皆さんはAmazon Web Services(AWS)のネットワーク通信の設定でこんなことがあったことはないでしょうか?

  • 正しく設定したつもりだけどなぜか思った通りにサーバに接続できない
  • ネットワークを変更したら、急に接続できなくなって解決するまで時間がかかった

 このような場合、「Amazon Virtual Private Cloud」(VPC)やルートテーブル、NACL(Network Access Control List)、セキュリティグループといった設定を確認すると思いますが、構成しているネットワークのリソースがたくさんある場合、1つずつ確認するのはなかなか骨が折れる作業だと思います。勘所などを理解していると解決しやすいですが、ネットワークについてある程度の知識がない場合、どうすればいいのか困ってしまうと思います。

 AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、VPC内の通信をテストして「どのフローに問題があるか」を視覚化する機能「VPC Reachability Analyzer」を紹介し、使い方を説明します。

VPC Reachability Analyzerの概要

 VPC Reachability Analyzerの設定と分析の手順は下記の通りです。

  • 【1】パスを作成する
    パスでは下記を設定して、「どこからどこへの通信を試したいか」を決める
    • 名前タグ(オプション):パスに付ける名前
    • 送信元タイプ:通信元(From)
    • 送信先タイプ:通信先(To)
    • 送信ポート:どのポートへの通信か
    • プロトコル:「TCP」または「UDP」
  • 【2】分析の実行、結果の表示(初回はパスの作成後、自動で行われる。手動で何回も実施可)

 上記で、設定と分析を行い、表示された問題箇所を修正する流れです。

 コストについては公式の料金ページ「Reachability Analyzerの料金」によると、次のように算出します。

  • VPC Reachability Analyzer によって処理される分析当たりの料金:0.10ドル

 料金については将来的に変わる可能性があるので、公式サイトをご参照ください。また算出例についても公式ページの例を参照してください。

VPC Reachability Analyzerを試してみよう

 ここからは、サンプルのネットワークにおける問題点を、VPC Reachability Analyzerを利用して修正する様子を紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。