最も採用の難しいエンジニア職の2番目は「マネジャー」、トップは? テクノロジー業界の最新雇用事情レイオフの影響で15万人以上が失職も「テクノロジー業界の冬」は終わりつつある?

Hiredは雇用主や採用候補者を対象に調査した年次調査の結果を発表した。ソフトウェアエンジニアの給与が最も高い地域、職種と最も需要の高い職種、スキルが明らかになった。

» 2023年03月22日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 採用プラットフォームを提供するHiredは2023年2月28日(米国時間)、雇用主や採用候補者を対象に調査した年次調査「Big Transitions in the Tech Industry: 2023 State of Software Engineers」を公開した。

 同調査は6万8500人以上のソフトウェアエンジニア候補者の情報、および49万4000件の雇用主とソフトウェアエンジニア候補者のやり取りから、スキル、給与、仕事に関する嗜好などの需要傾向を分析したものだ。また1300人以上のソフトウェアエンジニアと120人の専門家および採用担当者を対象にアンケート調査を実施している。

テクノロジー業界は15万人以上が失職も、雇用需要は衰えず

 同調査によると、2022年にテクノロジー業界でレイオフが相次いだ結果、15万人以上が失職したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。