連載
» 2023年05月15日 05時00分 公開

【Excel】チェックボックス集計のツボ:オン項目のみ加算から、複数シートの串刺し集計までTech TIPS

「Microsoft Excel(エクセル)」では、チェックボックスと関数を組み合わせることで、チェックされた数やチェックされた項目の商品の金額を集計できる。アンケート結果も簡単に集計できるようになる。その方法を紹介しよう。

[小林章彦デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Excel 2016/2019/2021/365


Excelでチェックボックスの状態を集計するには Excelでチェックボックスの状態を集計するには
Excelでチェックボックス機能を使ってアンケートなどを作成した場合、チェックされた項目を集計したいといったこともあるだろう。ただ、直接チェックボックスの状態を関数などで集計することはできない。そこで、チェックボックスの状態を集計する方法を紹介しよう。

 「Microsoft Excel(エクセル)」でアンケート用紙やTo-Doリストなどを作成する際、チェックボックス機能を使うと簡単に実現できる。ただ、チェックボックスを付けたアンケートを手で集計するのは、かなりばからしい。そこで、チェックボックスの「オン」「オフ」を関数を使って集計できるようにしよう。

 なお、チェックボックスの作成方法は、Tech TIPS「【画面で分かる】Excel(エクセル)でチェックボックスを作成・活用する方法」を参照してほしい。

チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする

 Excelでは、チェックボックスの状態を直接把握できない。チェックボックスの状態は、別のセル(リンクするセル)に「TRUE」または「FALSE」と表示させ、それを集計する必要がある。

 それには、まずチェックボックスを右クリックしてメニューを開き、[コントロールの書式設定]を選択して、[コントロールの書式設定]ダイアログを開く。そこで[コントロール]タブを開き、「リンクするセル」欄に結果(「TRUE」「FALSE」)を表示したいセルを選択して設定する。これを全てのチェックボックスに対して行う。

 これで「リンクするセル」にチェックボックスの「オン」「オフ」の状態が、「TRUE」「FALSE」で表示されるようになる。ただし、1回、チェックボックスをチェックしないと、「リンクするセル」には「TRUE」「FALSE」が表示されないので注意してほしい。

チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする(1) チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする(1)
チェックボックスの状態を集計可能にするには、別のセルに状態を表示するように設定する。それには、チェックボックスを右クリックして、メニューの[コントロールの書式設定]を選択して、[コントロールの書式設定]ダイアログを表示する。
チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする(2) チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする(2)
[コントロールの書式設定]ダイアログが表示されたら、[コントロール]タブを開き、「リンクするセル」欄にチェックボックスの状態を表示したいセルを指定する。
チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする(3) チェックボックスの「オン」「オフ」を集計可能にする(3)
指定したセルにチェックボックスの状態が、チェックされた場合は「TRUE」、されていない場合は「FALSE」と表示されるようになる。ただし、1回、チェックしないと「TRUE」「FALSE」の表示が行われないので注意してほしい。

COUNTIF関数を使ってチェックボックスの状態を集計する

 集計は、「リンクするセル」の「TRUE」「FALSE」を数えればよい。それにはCOUNTIF関数を使って、以下のように集計したいセルに入力する。

=COUNTIF(<セル範囲>,TRUEFALSE)

TRUEとFALSEを集計する関数

COUNTIF関数を使ってチェックボックスの状態を集計する COUNTIF関数を使ってチェックボックスの状態を集計する
COUNTIF関数を使って、「TRUE」を数えることで、チェックされたチェックボックスの数が集計できる。

 ただし、COUNTIF関数は串刺し集計(3D集計)が行えないので、複数人のアンケート結果を1つのブックにして集計したいような場合は工夫が必要になる。「TRUE」「FALSE」が表示される隣のセルに以下のような数式を入力しておき、「TRUE」であった場合は「1」、「FALSE」だった場合は「0」になるようにし、この列の値を串刺し集計で合計するなどするとよい。

=IF(<TRUE/FALSEを表示したセル>,1,0)

串刺し集計するためにTRUEを「1」に変換する数式

串刺し集計を行えるようにする(1) 串刺し集計を行えるようにする(1)
複数のシートを串刺しで集計したいような場合、別のセルにIF関数で、「TRUE」なら「1」、「FALSE」なら「0」と表示されるようにする。
串刺し集計を行えるようにする(2) 串刺し集計を行えるようにする(2)
SUM関数で串刺し集計すれば、「TRUE」になっている人の数が集計できる。

SUMIF関数で合計を計算する

 チェックボックスにチェックされた商品の金額を合計したいような場合は、SUMIF関数を使う。これは、条件が一致したセルの値を合計する関数だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。