連載
» 2023年11月02日 05時00分 公開

「スイカゲーム」が掘り起こした、エンジニアたちの遊び心5歳と8歳も夢中

「スイカゲーム」の大ヒットは、派生ブームにこそ、その楽しさが詰まっているように感じます。

[岡田有花@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「スイカゲーム」をご存じでしょうか。Nintendo Switch用の、とってもシンプルな落ちものゲームです。YouTubeのゲーム実況などを通じてはやっていて、先日200万ダウンロードを突破したそうです。

 スイカゲームは超シンプルながら奥が深いものです。落ちてくるフルーツの位置を左右に調整し、ボタンを押して下に落としていきます。全11種類のフルーツがあり、同じ種類のフルーツにぶつかると大きなフルーツに「シンカ」。最大シンカで巨大なスイカが現れます。

 ロジックもかなりシンプルなようです。プログラミングに不案内な筆者はよく分かっていないのですが、Unityエンジニアの「ういにゃん」さんがX(旧Twitter)でそのようなことを書いていました。

 スイカゲームの流行によって起きたのが、個人エンジニアによる“派生スイカゲーム”の乱立です。そこには、エンジニアたちの遊び心が詰まっています。

シャレの効いた派生ゲームが続々

 個人によって作られた派生ゲームは幾つもあります。話題になったものには、思わずニヤリとするシャレが効いたものも。インディーゲームクリエイターの「たアケイク」さんが開発したブラウザゲーム「ソ連ゲーム」は代表例です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。