OpenSSL Project、「OpenSSL 3.2.0」を公開クライアント側QUICやTLSハンドシェイクにおける証明書圧縮に対応

OpenSSL Projectは、クライアント側QUICやTLSハンドシェイクにおける証明書圧縮に対応した「OpenSSL 3.2.0」を公開した。

» 2023年12月14日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 OpenSSL Projectは2023年11月23日(米国時間)、「OpenSSL 3.2.0」を公開した。OpenSSLは、SSL/TLSのツールキットおよび暗号化ライブラリを提供するオープンソースソフトウェア(OSS)だ。

 OpenSSL 3.2.0では、トランスポートプロトコル「QUIC」(Quick UDP Internet Connections)に対応し、TLSハンドシェイクにおけるサーバ証明書の圧縮処理、「Ed25519ctx」など新たな暗号化アルゴリズムがサポートされた。

 2年以上にわたる開発作業の成果であり、4000を超えるコミットと300を超える開発者からの貢献によりOpenSSL 3.2.0を公開できたと、開発チームは述べている。

OpenSSL 3.2.0の新機能

 OpenSSL 3.2.0では、以下のような機能が追加されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。