連載
» 2008年07月17日 00時00分 公開

いまさら聞けない「オフラインWeb」入門──オフラインでも使えますいまさら聞けないリッチクライアント技術(14)(3/3 ページ)

[江原顕雄,@IT]
前のページへ 1|2|3       

既存のWebアプリをローカルPCのアプリにしちゃうPrism

 Webのサービスはブラウザを使って利用します。ブラウザ1つでいろいろなサービスを利用できる長所もありますが、次のような欠点もあります。

  • ブラウザがクラッシュすると、利用しているWebアプリケーションも道づれでフリーズする。

    例:Webメールを書いているときに、ほかのブラウザウィンドウがフリーズして落ちる。メールを書いているウィンドウも落ちる!

  • ほかのウィンドウを開こうとするときに誤って、Webアプリケーションを利用中のウィンドウで開き、作業中のデータが飛んでしまう

    例:ブログをライティング中にほかのページを開き、書きかけの文章をダメにしてしまう。

  • Webサービスを利用するページにアクセスする際に、手間が掛かる。

    例:ブラウザを開いて、お気に入りに登録してあれば、そこからアクセス。もしお気に入りに登録していなければ、面倒が生じる。

 いろいろなWebアプリケーションを利用していると、上記のような短所がだんだん目立ってきます。そこで、その解決方法として注目を浴びているのが、Firefoxのプラグインである「Prism」です。Prismを使えば、あるWebアプリケーションを、そのWebアプリ専用のWebブラウザで利用できるようになります。

図3 Prismドキュメントの仕組み 図3 Prismドキュメントの仕組み Prismを使えば、Webサービス専用ブラウザで利用することができる

Firefoxのプラグイン、Prismをインストールしてみよう

Prism配布ページ

 PrismはFirefoxのプラグインとして提供されています。まず配布しているページにアクセスして、プラグインを導入しましょう。

表示されるアラート

 このようなアラートが出現しますが、インストールしましょう。

インストール終了画面

 インストールが無事に終わったら、再起動しましょう。

Webサービスの登録方法

 次にデスクトップで利用したいWebサービスサイトにアクセスします。今回はGmailでやってみましょう。Gmailのサイトに移動し、Firefoxのメニューバー、「ツール」→「Convert Website to Application」というボタンを押しましょう。

設定画面

 アイコンの作成場所や、名前について設定をして、「OK」ボタンを押しましょう。

 デスクトップにアイコンボタンが出現し、これをクリックすると、Gmail専用ブラウザが立ち上がります。

デスクトップに作成されたアイコン

 Webブラウザ上とは別に、Webアプリケーションが一般のプログラムのように利用できるのは、便利な場合もあるでしょう。しかし、Prismの仕組みはFirefoxを使ってWebサービスにアクセスしているので、ネットが繋がらない環境では利用できません。

今後の展開も熱い

 Google Gears、Adobe AIR、FirefoxのプラグインのPrismの3つのオフラインWebサービスを紹介しました。これらのサービスはまだまだリリースされたばかりです。これからどんどん発展していくでしょう。

 また、2010年にリリース予定のHTML 5でも、オフラインWebについてのノートが6月に公開されました。まだまだあまり知名度がないオフラインWebですが、これからWebサービスの一角を担うのは間違いありません。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。