連載
» 2021年08月18日 05時00分 公開

Windows 10のMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法(Microsoft公式情報)山市良のうぃんどうず日記(213)

Microsoft Edgeのバージョンを古いバージョンにロールバックするMicrosoft公式の方法が公開されていたので、以前の記事の補足として紹介します。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

Microsoft Edgeのロールバック手順のMicrosoft公式情報が公開

 本連載の第211回で、「Windows 10」の標準ブラウザとなったChromium版「Microsoft Edge」のバージョンをロールバックする方法の一つとして、Microsoft Edgeをアンインストールしてから、目的の古いバージョンを新規インストールするという方法を紹介しました。

 上記の方法は筆者が試行錯誤の上、独自に編み出した方法ですが、Microsoft自身が2021年6月末にロールバック方法の手順をドキュメント化して公開していました。対象は2020年10月リリースのMicrosoft Edgeバージョン「86」以降です。

 Microsoft公式の方法としては、古いバージョンのインストーラーを使用してコマンドラインからダウングレードする方法と、「グループポリシー」(または「ローカルコンピューターポリシー」)を使用して特定のバージョンへのロールバックを指示する方法があります。

コマンドラインからロールバックする方法

 Microsoft Edgeを特定の古いバージョンにロールバックする方法の一つは、次の手順に従ってそのバージョンのMicrosoft Edgeのインストーラーを「ALLOWDOWNGRADE=1」オプション付きで実行します。この方法は、コマンドシェル(cmd.exeやpowershell.exe)が許可されていない「Sモード」では利用できません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。