エアコンの効いたオフィスから5Gで油圧ショベルを操作 コマツとEARTHBRAINが建機の遠隔操作システムを開発羽ばたけ!ネットワークエンジニア(66)

5Gの実証実験は数多く行われているが、実用化された事例は少ない。そんな中、コマツとその子会社であるEARTHBRAINが5Gを使った建設機械遠隔操作システムを開発し、量産に向けて現場で検証中だという。

» 2023年06月26日 05時00分 公開
[松田次博@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「羽ばたけ!ネットワークエンジニア」のインデックス

連載:羽ばたけ!ネットワークエンジニア

 コマツ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:小川啓之氏)とEARTHBRAIN(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野寺昭則氏)は5Gを使った遠隔操作システムを共同で開発し、2023年3月からユーザーへの提供を開始した。2023年度上期に量産に向けた現場での検証を完了し、段階的に市場導入を進めるそうだ。

コックピットと遠隔操作システムが主役

 遠隔操作システムの主役は5Gではない。遠隔操作システムとコックピット(写真1)だ。オフィスに設置された未来的なデザインのコックピットを見ると、遠隔操作システムが持つインパクトが一瞬で理解できる。エアコンの効いた快適なオフィスから、暑くて危険な現場の建設機械を遠隔操作できるのだ。作業の安全性が確保できるだけでなく、オペレーターの生産性も向上する。例えば1人のオペレーターが北海道と九州の現場を並行して担当できるようになる。人材不足の地域の仕事を別の地域のオペレーターが担当することも可能だ。

写真1 遠隔操作用コックピット

 労働環境が厳しい建設現場は若い人から敬遠されがちだが、オフィスで安全、快適に作業できるとなれば、女性を含め人材を確保しやすくなる。人手不足と高齢化に悩む建設業界にとって救世主になるかもしれない。

 遠隔操作システムの構成は図1の通りだ。

図1 遠隔操作システムの構成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。