VMC on AWSのAWSによる販売が終了、移行戦略「7R」から消えることはないのかAWS日本法人に聞いた

AWSは同社クラウドへの移行戦略に、「VMware Cloud on AWS(VMC on AWS)」を組み込んで顧客に提案してきた。だがこのサービスをAWSが販売しなくなったことにより、移行の選択肢として提案するインセンティブがなくなったのではないか。AWSジャパンに聞いた。

» 2024年07月08日 09時16分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「VMware Cloud on AWS」(VMC on AWS)のAmazon Web Services(AWS)による販売が終了した。これについて、AWSの日本法人であるアマゾンウェブサービスジャパン(以下、AWSジャパン)の説明を聞いた。

Broadcom、AWSによる「VMware Cloud on AWS」の販売が終了したと発表 「サービスはなくならない」

 あらためて整理すると、VMC on AWSは当初からあくまでもVMwareのプロダクト。だがVMwareとAWSが技術的な面を含めて共同開発を続けてきたものだ。そしてAWSと同社の販売パートナーは、再販できることになっていた。

 AWSは、クラウドへの移行における7つの道筋として「7R」を定義し、顧客との対話に生かしてきた。VMC on AWSはこの7Rのうち「リロケート(Relocate)」を担うものとして組み込まれている。これを踏まえ、AWSジャパンは必要に応じてヴイエムウェアと協力した上で、各顧客に適した移行戦略を提案してきた。

「7R」では、リロケートの選択肢としてVMC on AWSが明記されている(出所:AWSジャパン)

 だが、AWSによるVMC on AWSの再販終了により、7RからVMC on AWSは消えるのではないか。少なくとも、AWSがクラウド移行における選択肢の一つとしてVMC on AWSを提案するインセンティブは大きく低下するのではないか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。